城ゆき姫と囚われの7獣者 (B’s‐LOG文庫)

制作 : 鳴海 ゆき 
  • エンターブレイン (2009年11月14日発売)
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • 24人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047261389

作品紹介

無類のマスコット好きな美空がある日目撃したのは、真っ白い肌にさらさらの金髪の美少年!…そしてその金髪からのぞいているのはケモノ耳!?おまけにフサフサの尻尾まで!思わず後を追いかけた美空だが、誘われるように飛び込んだ先は滅亡寸前の異世界"アートラクシン王国"だった!魔女の呪いにかかった6人の王子たちに「俺たちを救ってほしい」と頼まれ救世主になることになったのだが、どうやら王子たちの真の目的は別にあって-!?不思議の国のメルヘンファンタジー登場。

城ゆき姫と囚われの7獣者 (B’s‐LOG文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面白そうだなと思うのですが、1巻だけなようで。
    残念。

    これからが本編!!みたいな終わり方。
    糖度は低めだけれど、コメディタッチで楽しめる1冊。

  • 道を歩いていたら、視界に獣耳の男性が入ってきたら
    一体あなたはどうしますか?
    とりあえず、付いて行く事はしないと思います。

    マスコット好きとはいえ、付いて行くものなのか…。
    どちらかと言えば、好奇心旺盛で付いて行きました、と言われた方が
    まだ納得があるような…まぁ人それぞれですが。

    案外最初の方で、もう主人公の身の振り方(?)が出てきています。
    そんな事だろう、とは思いましたが、目的が早すぎる。
    これはもしや…と思ったら、そうなならず、そのまま続く、と。
    本当にこれ、どうにかなるつもりなのでしょうか?

    むしろ、人に言われる前にどうにかしろ、という話ですが。
    従った方が解決が早いとはいえ、きちんと守られるという保証もないですし。
    切羽詰まったら、選ぶ選ばない、とかいう問題でもないので
    そこしか選べない、というのはありますが。

全3件中 1 - 3件を表示

城ゆき姫と囚われの7獣者 (B’s‐LOG文庫)のその他の作品

尾久山ゆうかの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

城ゆき姫と囚われの7獣者 (B’s‐LOG文庫)はこんな本です

ツイートする