鋼鉄の暗黒兎騎士 (ファミ通文庫 ま 1-2-1)

著者 :
制作 : 伊藤 ベン 
  • エンターブレイン
3.58
  • (0)
  • (7)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047261983

作品紹介・あらすじ

暗殺を生業とするデイレィは、ある依頼で双子の姉妹と遭遇し-『わたしが死んだ日』、幼きアフレアがシゥビーニュに誓った約束-『必ずあたしが戻してあげる』、ヨーコが武者修行の途中で白兎に入団した経緯とは-『初めての出遭い』ほか、アスカ、ガブリエラの過去のエピソードを含めた全8話でお贈りする、美麗☆絢爛乙女戦記待望の短編集!さらにコミック『鋼鉄の白兎騎士団petit』も収録した、うら若き乙女の裏側と秘密が満載の完全保存版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ガブリエラ(ドゥイエンヌ)、ディレイ(セリノス、ノエルノード姉妹、ウェルネシア)、アフレア、ヨーコ(アルゴラ)、アスカの過去についての短篇集。

    これを読むと本編の妙なひっかかり(登場人物の過去を言及してるところ)も取れるかも。

  • 天を切り裂き闇を呼ぶ!暗黒大魔王、ガブリエラ・リビエラ・スンナ!
    黒き鎧を身にまとい、堂々見参!

    いや、普通にかっこいいというか、似合ってますよ?新団長殿。

    短編集とは思わず、新刊と思って書店では取ったのですが、帯を見て笑ってしまった。
    何しろ違和感がないのが恐ろしい。

    FBonline掲載分なので、既読の方もいらっしゃると思いますが、ガブリエラの黒さを再確認するのには良い一冊だと思います。
    なにしろ幼少時から、あの性格ですので(笑)

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1992年に『プリンセス・ミネルバ ウィスラー王国物語』で小説家デビュー。近年は『落ちてきた龍王と滅びゆく魔女の国』(MF文庫J)でヒットを飛ばす。ファンタジア文庫では2016年1月まで「ロムニア帝国興亡記」(全7巻)を刊行

「2017年 『東京廃区の戦女三師団3』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鋼鉄の暗黒兎騎士 (ファミ通文庫 ま 1-2-1)のその他の作品

舞阪洸の作品

ツイートする