機動旅団八福神 10巻 (BEAM COMIX)

著者 :
  • エンターブレイン
3.65
  • (9)
  • (16)
  • (17)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 177
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・マンガ (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047262034

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最後、銀河英雄伝説のヤンが言っていた台詞みたいな展開になったのはちょっとテンションがあがった。

  • 2015年10月10日

    <Mechanized Infantries 8-Fukujin>
      
    装幀/井上則人、村松のぞみ(井上則人デザイン事務所)

  • 作者本人が「病んでる」と言っているとおり
    かなり病んでる漫画。
    やっと完結。
    病んでるだけあって表現が一部分かりにくかったり
    登場人物が理解不能だったり、グダグダなところもあるが
    何か心に引っかかるいい作品だったと思う。
    何かが心に引っかかるのだが、それがモヤモヤとしていて
    すっきりしないのが続くのだが、
    それが作者の意図だったら、すごいと思う。

    病んでる人にお勧め。

  • 全巻読み終えた。やはり10巻冒頭の戦争の話までは面白さがわからなかったのだが、本編終了後に続いく後日談は面白く感じた。

    それまでの特に視点人物を定めない語りではなく、半井の旅に同行する少女の視点からの語りになって物語についてきやすくなったからだろうか? 後日談は掲載誌が変わっているため、編集方針にも変更があったのかもしれない。

    半井が戦争を生き延びた福神隊の隊員たちに「あの戦争はなんだったのか?」という質問していくという物語の形が、戦争物語を読みながら、描かれる出来事がつかみとれないままでいた自分の読書体験にも重なるような気持ちで読んだ。

    彼らが戦争を振り返ったように、自分ももう一度最初から読み返してみたい気もする。

  •  まとまらなかったんだね。
     色々批判もあるみたいですね。まあ確かにプロの作家としてはダメなのかもしれないけど、作家が苦心して描いたのは伝わる。
     次回の肥やしにしてまた面白い漫画描いてほしいです。

  • 説明台詞が多すぎる。すべてキャラクターに語らせるというのはいかがなものか。

  • 盛り上がる要素をことごとくスルーして完結。
    きっと作者なりの意図があってのことだったのだろうが、成功したとはとても言えない。
    期待感だけは相当なものがあったのだが。

  • いつか面白くなる!と思い読んでいましたが最後まで今ひとつ…まとめ方も私にはあまり納得出来るものではなく残念でした。

  • 最終巻だけまだ読んでない

  •  ブックオフで出会い、2か月かけて全館手に入れたシリーズ。

     戦争を扱うフィクションで描かれるのは、たいてい戦争の悲惨さや戦場における人情話だ。絶体絶命の危機に対峙して奇想天外な策略によって勝ち取る勝利。そんなのばかりだ(それはそれで面白いのだが……)。
     本シリーズはちょっと毛並が違う。私自身、理解しきれていない部分が多いのだけれど、本シリーズでは徹底的に個人に焦点が当てられている。7人の主役が全てで、彼らの彼女らの内側へとカメラが向けれられている。戦争の大局なんておまけみたいなものだ。
     戦争ってなんだろう? なぜするのか? 誰がするのか? どのようにするのか? ずっとそういうことを考え続けている。
     印象的だったのは戦争の終結。本書では本当に呆気なく戦争が終わる。けれど、実際はそんなものではないだろうか。私は知る由もないが第二次世界大戦の時も疎開していた国民からすれば、情勢も知らされていないのだからテレビの電源が切られたようにある時唐突に戦争は終わったはずだ。
     その素っ気なさが逆にリアルに感じられた。
     
     そして、私が本シリーズで一番素晴らしいと思うのは実はクライマックス後日談である。ネタバレを自重して詳しくは書かないが、こうした後日談の描き方はかつてなかったのではないかだろうか。戦争は終わる。物語も終わる。けれど、戦争も物語も終わればまた始まる。そして、当然ながらキャストは違うのである。

全14件中 1 - 10件を表示

機動旅団八福神 10巻 (BEAM COMIX)のその他の作品

福島聡の作品

ツイートする