クトゥルフ神話TRPGリプレイ るるいえあんてぃーく (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

著者 : 内山靖二郎
  • エンターブレイン (2009年12月12日発売)
3.89
  • (4)
  • (10)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :71
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047262393

作品紹介

空手が特技の高校二年生、樋口さやか。彼女は放浪癖がある叔父に頼まれ、今日も骨董店「るるいえ堂」の店番をしていた。寄せ木細工の小物入れ、金の象嵌がきれいなブローチ、ちょっと気味の悪い油絵、外国語で書かれて読めない古い本、大昔の石板、羊皮紙の巻物-なにやらいわくありすぎな感じの品々に囲まれながら今日もさやかは店番中。そんなさやかのもとに今日も奇妙な客が-。

クトゥルフ神話TRPGリプレイ るるいえあんてぃーく (ログインテーブルトークRPGシリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『ニャル子』の狐印が挿絵を描いているので「この人クリーチャー描いたっけ?」と思ったら、クリーチャーはほとんど背景扱いという……。まあ、それはそれとして、リプレイはメタ視点が常に入るところが小説と違うなあ、と。

  • 正直、イマドキのラノベ系萌えイラスト!っていう表紙に手を出しかねていたシリーズ。「這いよれ!ニャル子さん」と同じ挿絵家でクトゥルフ繋がりというのは理解したが、ニャル子さん知らないしなー……。
    でも、クトゥルフ神話TRPGのリプレイは読みたい。というわけで、中身がしっかりしているというレビューを参考に、あんてぃーく・はいすくーる・ばけーしょん・ばーすでぃを纏めて購入。
    中身に関しては解説も解りやすいし、キャンペーンの流れも良かったと思う。

    それにしても……なんでこんなにでかいサイズにしたんだろう……。
    文庫サイズか新書サイズでも良かったんじゃないかな。せめて白無垢の仮面と統一させるとか。
    本棚の中でめちゃくちゃ場所取るよーorz

  • ふとした事からクトゥルフ神話への興味が蘇り、しかしラブクラフト全集を読むのには昔の経験から抵抗があったためこれを購入。TRPGの知識はほぼ無いにもかかわらずラブクラフト好きが高じてクトゥルフ神話TRPGのルールブックを買ったのが、この本を読むために役立ちました。
    細かく解説が書いてありTRPG未経験者にもわかりやすい。そして原作知識とルールブックの設定を駆使してシナリオを組み立てるキーパーさんの苦労がよくわかります。
    プレイヤー含め専門知識と固有名詞が飛び交うため、必要に応じてルールブックを参照しながらじっくり読むほうが楽しめるかもしれません。持っていない人は注意・・・といってもこれ買うような人は大抵持ってるんでしょうが。

  • 苦しい戦闘の最中にさらに絶望的なモノを投入するシーン展開が上手い。これはいつか使おう。

    あと毎度毎度邪神の登場のさせ方が良すぎ。ハリ湖とセットで出てきたのは感動した。

  • クトゥルフの知識はラブクラフト全集の1巻を読んだ位。
    そのTRPGも正気度(SAN値)というのがあるんだよね位しか知らず、どんな物か気になって購入しました。

    当たり前の事ですが、クトゥルフの事を知らずに読むと面白さ半減です。
    出てくる旧支配者や眷属を知っている事、というのも読んでて盛り上がる要素なので、それを知らない自分はワクワク感が少なかったと思います。


    TRPGとしては難しそうだなと感じました。
    基本人間(プレイヤー)は相手より圧倒的に弱いですから、適当にダンジョンに潜らせて敵を倒す、といったシナリオ(と言えるのか…)は使えないでしょう。
    所謂シティアドベンチャーがメインになりますが、これを考えるマスターはとても大変かと。

    正気度も無くなるとプレイヤーキャラクターとしては死んでしまう訳で、キャラクター可愛さにプレイヤーが正気度ロールを避けるようなプレイングをし始めると場は白けてしまうだろうなぁ、と言う事でプレイヤーにもある程度のスキルが求められると思います。

    それらを超えて行われてる本リプレイは大変面白いです。
    (先の通り、クトゥルフについて知っておいた方がより楽しめますが)
    女子高生のキック怖いです。

    クトゥルフ神話の入門としては不適当(当たり前)ですが、クトゥルフ神話TRPGってどんなもの?という気持ちを解決する作品としてはいいのではないでしょうか。

  • クトゥルフ神話TRPGリプレイという情報しかなかった頃にAmazonにオーダーしてあって、忘れた頃に手元に届きました。
    ……っていうか、手元に届いた本の表紙を見てびっくりですよ! クトゥルフなのに何でこんなイマドキの萌え系表紙なんですかっ!(くわっ
    ということで少なからず不安と絶望を覚えつつ読みました(笑)。

    まぁ、結論から言うとちゃんとクトゥルフしてました(笑)。というか思っていた以上に真っ当な作りですごくよかったです。表紙が理由で尻込みしている人は買っちゃっても良いかと思います。それでも不安な人は立ち読みしてみるとか、友達に借りるとかしてください(笑)。

    で、意表だったのがD20かと思いきやD100のクトゥルフだったんですよねー。そうかーあのあとD100も再販かかったのかー。ちょっとルルブ欲しいですw

    面白かったのであんまり内容に踏み込んだ事を語るのは避けたいんですが、そうすると何も書くことがなくなったりしてどーしたもんかと。
    とりあえず読んでいて判らない固有名詞はPediaとかで検索してみるとよいです。

全6件中 1 - 6件を表示

クトゥルフ神話TRPGリプレイ るるいえあんてぃーく (ログインテーブルトークRPGシリーズ)のその他の作品

内山靖二郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

クトゥルフ神話TRPGリプレイ るるいえあんてぃーく (ログインテーブルトークRPGシリーズ)はこんな本です

ツイートする