ハミルティアの花庭 ~黒耀の姫と光耀の王子~ (B’s‐LOG文庫)

著者 : 香月沙耶
制作 : 羽鳥まりえ 
  • エンターブレイン (2010年2月15日発売)
3.29
  • (0)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :17
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047263086

作品紹介・あらすじ

螺旋の仮面集団による『守護富貴花』を巡る陰謀も解決し、正式にイヴァン王子の婚約者となったセラフィーナ。持ち前の天然さで、慣れない宮殿生活も楽しく過ごしていたある日、アンドリューとその婚約者・ヴァレリアとの結婚式を祝した、仮面舞踏会が開かれることになる。苦手なダンスレッスンを乗り越え、迎えた当日…仮面をつけた華やかな紳士淑女の中に、セラフィーナは例の螺旋の仮面をつけた人物を見つけて-!?うるわしの花庭に咲く、華麗なドラマティック・ファンタジー第2弾。

ハミルティアの花庭 ~黒耀の姫と光耀の王子~ (B’s‐LOG文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • うーん、第一巻の勢いが消えている……ような……?
    話は進んでいるし、別に問題はないように思えるんだけど、一巻を読んだ時に思った「お、今回は面白いぞ」というわくわく感が、今回は薄れた感じ。

    相変わらず、アンドリュー王子がいい味は出しているので、是非ともこのまま。でも、この着ぐるみとかの感じは「身代わり伯爵」を連想させるので、どうかと思う。
    ラストの引きは、次はいつ出るのかなーという気にはさせられたので、たぶん、次も買うと思う。

  • おおお、これも続きが出たのだ。まっすぐで裏のない主人公の性格が好きだ。

全3件中 1 - 3件を表示

ハミルティアの花庭 ~黒耀の姫と光耀の王子~ (B’s‐LOG文庫)のその他の作品

香月沙耶の作品

ハミルティアの花庭 ~黒耀の姫と光耀の王子~ (B’s‐LOG文庫)はこんな本です

ハミルティアの花庭 ~黒耀の姫と光耀の王子~ (B’s‐LOG文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする