魔王城四限目 (ファミ通文庫)

著者 : 田口仙年堂
制作 : 鉄雄 
  • エンターブレイン (2010年2月27日発売)
4.18
  • (6)
  • (8)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :71
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047263161

作品紹介・あらすじ

策略にはまり、ツノツノと士長を死なせてしまったアプリール。その"悪行"は英雄研究学会により国中に広められ、学校は、英雄の志を継ぎ、魔人を討伐しようという義勇軍に包囲された。自分を責めて泣き続けるアプリール、憔悴を隠せない子供たち。何もできなかったエイゴは、無力感を噛みしめながら考え続ける。この状況を打開する方法を。そんな中、パーパテッタの錬金術師を名乗る男がエイゴの前に現れ、ある交渉を持ちかけてきて-!?決断の第4弾。

魔王城四限目 (ファミ通文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 子供たちを守るために魔人を統べる者――魔王になったエイゴ。
    ここまでくると子供想いというだけではすまなくて、心配になってしまう。
    ハイナートの手中にはまってしまったことを、いい加減気付いてくれ…と言いたくなる。
    伯爵意外といい奴だな。それなら仕方がない。
    世界を敵に魔わしたエイゴたちがどうなるのか――最後はどうなるのだろうか。
    幸せになってほしい。

  • 次巻で終わるらしい。さくっとまとまってくれるのはいいなぁ。

  • とうとう世界の敵扱いとなってしまった中で彼らはうまく切り抜けられるでしょうか。。最後まで気が抜けないですね。

全3件中 1 - 3件を表示

田口仙年堂の作品

魔王城四限目 (ファミ通文庫)はこんなマンガです

ツイートする