まんが極道 4 (BEAM COMIX)

著者 :
  • エンターブレイン
3.67
  • (3)
  • (5)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 66
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047263246

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「人の作品のアゲ足ばっかりとってるうちにおもしろいものを「創り出す力」は枯れちゃったんだねえ/そりゃこだわりを持つことは大事なんだけどさ/それで肝心な漫画がつまんなくなっちゃねー」(p.107)

    第42話の「トクサツマン」の一件はたしか唐沢なをき氏の経験談をもとにしていたはず。

  • 蓑竹さんが頑張ってて良かったよ…!

    あと…あれだ…えねっちけの…アレの顛末(笑)

  • ああ、思い当たることがあったりしてなんだか心がチクチクする。「漫画家の妻」とか「ギャグなき世界」とか・・・

  • マンガノゲンバがやらかした話は42話。
    http://blog.nawosan.com /archives/51566263.html

  • ネタ元が気になるリアルな話が満載。ほとんどバッドエンドなのに何度も読みたくなってしまう。

  • 一冊読むとその中に「あ、コレあの人だ。行動似てるわ」と思い浮かんでしまうキャラクターが必ず一人は出てくる怖い作品。
    怖いけど、でも面白い(笑)

  • 一応、見どころは、少し前に話題になった某N●Kの番組の取材をモチーフとしたと思われる「いや、そうじゃなくて」でしょう。
    これは、ネットで大きく取り上げられたネタなので、読んでいて内容自体には新鮮味はなかったですが、メディアの無意識の悪意のようなものを再確認しました。

    それよりも、ほかのネタが相変わらず辛らつでよかったです。
    まさに「漫画界残酷物語」。

    中でもオビに「漫画家稼業は、ガチムチ勝負!!」というタタキがあるとおり、それを象徴する「兄貴!」が特に良かったですね。
    牡熊兄貴(おすぐまあにき)、ガチ本ヒゲ太という漫画家のPNも(ウホッという感じの)趣があり感銘を受けました。

全7件中 1 - 7件を表示

まんが極道 4 (BEAM COMIX)のその他の作品

唐沢なをきの作品

ツイートする