シュタインズ・ゲート 公式資料集 (ファミ通Xboxの攻略本)

制作 : ファミ通Xbox編集部 
  • エンターブレイン
4.26
  • (27)
  • (32)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 216
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047263741

作品紹介・あらすじ

想定科学の世界を彩る舞台設計の解説、ビジュアルイラストや各種設定画を網羅。緻密に練られたシナリオ構成や伏線の解析、個別イベントまで余すことなく紹介。クリアーしただけではわからない、隠された真実をさまざまな角度から徹底考察。志倉千代丸氏単独インタビュー&開発者座談会、聖地巡礼ガイドなど企画も満載。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シナリオもCGも本編のネタバレ全開なので、全エンディングを見てCG収集率100%にしてから読むべきです。

    私は助手がメインヒロインなのが不服(※助手は好きです)なまゆしぃ推しなんだけど、なぜ私が不服なのか、開発者インタビューを読んで分かった。オカリンは自分をサポートしてくれたすべての世界の助手をひとりの「牧瀬紅莉栖」として認識していたってことか。私的には同一じゃない(例えばChapter8と9のルカ子が別人のように)認識だったから、オカリンがどうしてそんなに助手を好きになったのか分からなかったんだな、と。
    ……それにしても長い年月を寄り添ってきたまゆしぃの立場がないのです。自分の好きな人が自分を救おうとする過程の中で別の女の子を好きになってしまうとかなにそれひどい。

    ──とかそんなゲームの感想は置いておいて、資料集というより攻略+αな内容(ネタバレが過ぎるため攻略本としては微妙)なので、「色んな謎が明かされているかしら」と期待しすぎるとガッカリするかも。

  • (表紙の見所は隙間猫)
    hukeさんのカラーイラスト、シナリオの大筋、分岐も分かるチャート、ゲーム内CG、CGのラフ画、未来ガジェットのデザイン画…等々、ゲームプレイした人には「おお!」となるような内容がぎゅーっと詰まった一冊。そのため実質攻略本のような側面もあり。箱○版が基になっているので、当然ながらそれ以降に追加されたCG等は載っていませんが一読の価値は充分にありますよ。
    ちなみに、ゲームクリア前になんとなく流し読みをしてしまったところネタバレのオンパレードでこれ以上ないってくらいにひどく後悔したので、皆様はくれぐれもお気をつけください。そうだDメールを送ろう…。

  • 【思い出したので登録】 ゲーム中は世界線変動のページを開きっぱなしだった(笑) ネタバレばかりなのでゲーム中は読むところに結構気を使った(笑)

  • 日常であり、非日常でもある。過去を改変するメール、タイムマシン、それによって起こる、変化する世界。SFほど難しくなく、ファンタジーとするほど簡単でない、そんな物語。

  • 種子島などを舞台とした作品です。

  • Xbox360版の設定集なのでPC版で追加されたCGは勿論載ってないけど、それ以外もネタバレ満載なので全ルート攻略した人向け。
    内容は豊富だけど、あえて言うなら値段が高い…かな。

  • ゲームをやり終えた人向けです。
    実績フルコンプしてない人は買わないほうが良いかもしれません。
    実績フルコンプするために攻略サイトに手をだそうとしてるくらいプレイした人は多分買っても大丈夫です。
    Q&Aコーナーでダルの嫁の話があったのが驚きました。
    今後、漫画版に期待ってことですかね。

全7件中 1 - 7件を表示

ファミ通Xbox編集部の作品

シュタインズ・ゲート 公式資料集 (ファミ通Xboxの攻略本)を本棚に登録しているひと

ツイートする