お狐サマの世は情けッ! (B’s‐LOG文庫)

制作 : 風都ノリ 
  • エンターブレイン (2010年3月15日発売)
3.88
  • (5)
  • (4)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :43
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047263888

作品紹介・あらすじ

ひょうたんに閉じ込められた桐緒の前に、黒毛五尾の狐・峰雪が現れた。紗那王の「添い臥しの姫」だと話す峰雪に、桐緒の心は複雑に揺れ動く。その頃、もぬけの殻になった志摩田宿では、紗那王が化丸の残した謎の手紙を発見。『さりあが きらわれた』ってナニ!?そして、藤真と久方ぶりの再会を果たした鷹一郎…親友として引導を渡すべく刃を交える時が来た!!ひょうたんから赤い糸、おはぎならぬ黒ウサギも登場で、どうなる西国珍道中。"お狐サマ"第10弾。

お狐サマの世は情けッ! (B’s‐LOG文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • お狐サマ11巻目です。


    桐緒の前に現れた女狐・峰雪。
    紗那王の側室候補だと聞き、桐緒の心は揺れ動く。

    藤真と再会した鷹一郎。
    親友と刃を交えるときがきた…。



    お狐サマシリーズはシリアスとコメディのバランスが絶妙ですね。
    展開に疲れることなく読み進んでいけます♪


    小さい頃の封印された記憶も取り戻して、更にらぶらぶな二人。
    子供の頃の二人の挿絵が可愛いです。
    ぷろぽーずがとっても素敵だった!


    藤真さまも良い方向に変化しているけれど、まだ危うげ。
    峰雪は、どう説得してもダメそう…。

    不穏な空気な中、シデンと化丸のセットは和みますねー。
    空気読まずに登場してくるあたりが、笑。


    ずっと影で暗躍しているあの方がとても気になります。
    どんな狐なんだろう…。

  • キャラクターの心情がしっかりと描かれていて、
    切なくなる部分もありつつ、コメディ要素があって、
    笑いながら泣ける作品だなと思う。

  • 甘い。いつの間にこんなにバカップルになっちゃったんだ………

全4件中 1 - 4件を表示

かたやま和華の作品

ツイートする