カーデュエイル物語 銀砂の魔王 (B’s‐LOG文庫)

著者 : 夏目瑛子
制作 : Ciel 
  • エンターブレイン (2010年3月15日発売)
3.42
  • (2)
  • (2)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :24
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047263949

作品紹介

「君の十八歳の誕生日に、必ず迎えに来る」-幼い頃、ルキウス草の咲き乱れる月夜に流浪民の少年ジークと結婚を約束したシェリル。その言葉を信じて数々の縁談を断り続けてきたが、約束の日が過ぎても彼が来ない!そこでシェリルは親が決めた見合いを脱走、彼の消息を求めて街を巡った後、奇妙な馬車で魔物だらけの不気味な城に辿り着く。そこで幼馴染の婚約者と感動の再会!となったはいいが、なんと彼は魔物の世界・ニーデュエイルの"異形の魔王"になっていて…!?世界に花咲く恋物語。

カーデュエイル物語 銀砂の魔王 (B’s‐LOG文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  久々に、少女向けのラノベを読んだ感じがします。

     物語の主人公はシェリル。
     シェリルはその昔、「君の18歳の誕生日に、必ず迎えに来る」と約束してくれた、流浪の民・ジークとの結婚の約束を大切に守り続けている。
     けれど、約束の日が過ぎても、迎えは来ない。
     18歳を過ぎると結婚することが一般的なこの街で、シェリルはついに見合いの時を迎えてしまう。
     シェリルはそこで見合いの隙を見計らって脱走。そのまま、ジークを探すために街を彷徨うことになる。

     ところが、ジークの消息は一向につかめず、それどころか、「死んだかもしれない」という噂を聞き、絶望するシェリル。そんなシェリルの前に現れたのは、奇妙な馬車。
     その馬車に乗ると、シェリルは魔物だらけの不気味な城にたどり着く。そこで、ジークと再会するシェリルだが、ジークは魔物の世界・カーデュエイルの《異形の魔王》になっていて……!? という話でした。

     気の強いけれど、ピュアな女の子が幼馴染みを待ち続けるけど、結局来なくて、来たのは、姿を変えてしまった幼馴染みで……という、やや美女と野獣寄りの話……ですね。

     女の子が一途なラブロマンスが好きな人は、読んでみるのをオススメします。
     個人的には、まあ普通かなあ……という。

  • もう少し!って感じの内容でした。

    結婚を約束していた少年(現・魔王)に対する、ヒロインの言動が少しヒドイ気が....
    (魔王に対する、他者とヒロインとの差があれば良かったのに)

    二人を繋ぐと思われたアイテムも、何の意味もないじゃん!って感じで、もう少し役割を果たして欲しかったです。

    そしてラエル、勘違いした事を魔王に伝えるな。

    ページの関係なのか、果たして魔王の誤解が完璧に解けたのかどうか....微妙な和解(?)。

    ハッピーエンドです。

  • すきすきすごくすき
    素敵すぎるよ

    ジーク超かっけーやべー

  • シリーズ1作目

  • 序盤、ヒロインのあまりの脳内お花畑と自己中っぷりに読むのをやめようと思ったが、中盤から面白くなった。
    何と言っても、魔王の純粋さとへタレ具合が可愛い。へタレ男子は可愛いと思うよ。うん。

    とりあえず、続いているようなので、この先はどうなるのかなーと気になっている感じです。

  • 2010年6月18日読了♪

全7件中 1 - 7件を表示

カーデュエイル物語 銀砂の魔王 (B’s‐LOG文庫)のその他の作品

夏目瑛子の作品

カーデュエイル物語 銀砂の魔王 (B’s‐LOG文庫)はこんな本です

ツイートする