放浪息子(10) (ビームコミックス)

著者 :
  • エンターブレイン
4.34
  • (102)
  • (89)
  • (21)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 870
レビュー : 37
  • Amazon.co.jp ・マンガ (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047264120

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • おとこのこって、おんなのこって、かっこいいって、かわいいって、すきって、きらいって、なんだっけ。どんなだっけ。悩ましく育ってしまう日々。いろいろばらばらになっていく日々。

  • 文化祭でまた男女逆転の劇をやる事になりました。保健室登校をする二鳥くんだけど、友達みんなが離れないのは彼が魅力的だからかな。土居はいったいどうしたいんだ?とちょっと思った。あんなちゃんにまた告白をする二鳥くんにもビックリ。そしてやっぱあのメガネは嫌いだ!

  • 現実にありそうにもない話なのに、現実に一番近そうだと感じるのはなぜ。

  • 3巻から10巻まで大人買いしてしまった……。
    1・2巻あたりでニトリくん、よしの、千葉さんの3人で仲良くやっていたころが懐かしく愛しく思い出されるくらい、
    ぎすぎすした雰囲気の中で、みんな生きづらさを感じながら生活している。
    ニトリくんはそして、いまから「成長」し始める兆候、声変わりが訪れつつある……、という、一番気になるところで最新刊が終わってしまった。

    以下、備忘録。

    ・ニトリくん……めそめしながらも滅茶苦茶行動派。実はかなりのリア充でもある。
    ・よしの……心理的には、一進一退。千葉さんと仲直りしたいけど、なぜかしらできない。ちーちゃんへの憧れから、自分が揺らぐ。
    ・千葉さん……相変わらずムードメイカー。行動も気持ちも裏目裏目に。でもそんなところが彼女らしい。
    ・佐々ちゃん……みんなのオアシス。めっちゃいい子。
    ・ちーちゃん……4巻で登場して以来、かなり得意な位置を占める、絶対憎めないキャラ。
    ・まこちゃん……不細工という負い目を持ちながらも女の子になりたい。ある意味一番リアル。
    ・ユキさん……他の短編集で読んで以来、いい女(?)だなぁと思っていたが、もっともっと深まりそうないい女。
    ・お姉ちゃん……シュウの可愛らしさが憎い、でもいいおねえちゃん。
    ・あんなちゃん……これはいい女。つり眼で強気、でも思いやることもしっかりできるという、ほんとうにいい女の子。
    ・瀬谷くん……お姉ちゃんの彼氏だけど、ニトリくんたちへの理解も、あるようなないような。見た目も行動も、どんどんかっこいい男の子に成長していく。
    ・二宮文弥……けっこう危うい人物。
    ・税所先生……子供たちから見て敵にならずやさしい先生しか現れない中、一番子供と同じ目線を持っている先生。いい味出している。
    ・岡、土井……小学校の修学旅行ではいやな奴らだったが、中学に上がると、そんなに心底いやなやつではなくなってくる。土井くんの心中はこれからの謎か。

  • 9784047264120  215p 2010・4・6 初版初刷

  • あんなちゃんかわいすぎる。

  • こんなに続く作品になるとは思わなかった。

  • 女の子女の子物語。

  • シュウくんが女の子みたいなのに、やっぱり何処か完全に女の子には見えないのが不思議。他の女の子達と何が違うのかわからないけど、志村貴子先生がちゃんと「女の子に見える男の子」として描き分けているんだろう…やっぱり漫画家って凄い!

  • 声変わりと長い髪。

全37件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1973年、神奈川県生まれ。1997年、『ぼくは、おんなのこ』でデビュー。代表作『青い花』『放浪息子』はテレビアニメ化された。2015年、『淡島百景』が第19回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。その他、『こいいじ』『娘の家出』『敷居の住人』『どうにかなる日々』など、著書多数。また、アニメ『アルドノア・ゼロ』『バッテリー』のキャラクターデザイン、小説の装画など、マンガ以外にも活躍の場を広げている。

「2018年 『こいいじ(9)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

放浪息子(10) (ビームコミックス)のその他の作品

志村貴子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

放浪息子(10) (ビームコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする