中邑真輔の一見さんお断り (kamipro books)

著者 :
  • エンターブレイン
3.80
  • (3)
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047264298

作品紹介・あらすじ

人生を知るためにプロレスラーになった。プロレス界史上最高に難解な男の脳みそを解き明かす。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新日本の中邑真輔の本。簡単な質問に中邑が答える形。アスリートとして、表現者として夢を体現するものとして現在進行形の試行錯誤中の超新星。親しみを持てるプロレスファンとしての中邑真輔がプロレスラーに至る軌跡、そこから今までの軌跡。自然体で、トップを目指す。自分と客との関係、自分の目指す姿プロレスと格闘技。どの話も有意義で面白かった。

  • 中邑真輔、クネクネ前夜のインタビュー集。見方によって受け取り方も様々、という彼のプロレス観からすればタイトルに偽りあり。断っているのは中邑本人ではなく固定概念に捉われている外野とわかる。先ごろ発売の自伝と内容は重複するものの、併せて読むと細部がより明らかに。

  • おもしろい。インタビュー形式で読みやすいのと頭が良いのが伝わってくる。若い頃から言動に芯があって理論的。
    武道館、MMA、猪木祭りデビューから3連続異例の経歴で当時の状況、心境が聞けて興味深い。
    発言に答えだけ求めるなという主張も良い。
    2012年までは試合はあんまり好きじゃなかったが
    中邑真輔かなり良い

  • 高い

  • プロレスから少し遠のいていたので、読んでて分からない所も
    ありましたが、中邑選手の思いはつたわってきました。
    変態座談会が 1番おもしろかった。

  • 中村真輔の考え方がよくわかる本。

全7件中 1 - 7件を表示

中邑真輔の作品

ツイートする