薄桜鬼 -新選組奇譚- 公式設定集 追想録 (B's-LOG COLLECTION)

著者 : B's-LOG編集部
制作 : B's-LOG編集部 
  • エンターブレイン (2010年12月1日発売)
4.72
  • (19)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :94
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047264748

薄桜鬼 -新選組奇譚- 公式設定集 追想録 (B's-LOG COLLECTION)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • またゲームがしたくなりました。薄桜鬼は相変わらず絵がきれいでうっとりです

  • 個人的にはとても満足な一冊でしたww
    絵とか描く人間としては参考になるし各キャラ設定の裏話などおいしいお話ばかりでしたww

  • これはお気に入りの一冊です。
    残念なのは立ち絵が地で隠れてしまっている部分。それから、後ろ姿とかも載せて欲しかったです。
    イラスト描くの好きなので(笑)

    キャラ一人一人の話や、スチルについての話は本当に良かったです。
    ここはやはりお勧め。

    各キャラの性格や考え方についてだとか、ストーリーを制作する際の話だとか、薄桜鬼がもっと深くなる気がしました。

    各画集がどのくらいの大きさか分かりませんが、スチルはそれなりの大きさあるので、私は他の画集は持っていません。
    (見開きにスチル4つと各コメント)

    背景もかなりの数あって、びっくりしました。

    ぜひ随想録・黎明録版も欲しいです。

  • イラストなどに目新しさはありませんが、薄桜鬼関わっていらっしゃる方々からのコメントが随所に掲載されています。
    特に全スチルにカズキヨネさんのコメントがついているのが凄くいい!
    しかも一言だけとかではなく、事細かにスチルについての解説がなされていて「そんな背景があったんだ!」とシーンに対して新たな発見があり、ますます薄桜鬼のキャラ・シーンに愛着が湧きます。
    あと普段注目されることの少ない背景についても解説があり、薄桜鬼は本当に作りこみが細かく凄い労力が費やされていることが分かります。
    正に、この本は薄桜鬼スタッフの血と汗の結晶のように思います。
    読み終わった後は、お疲れ様でしたという気持ちと、薄桜鬼を生み出してくださってありがとうございましたという気持ちで、いっぱいになりました。
    薄桜鬼をこよなく愛される方には、ぜひともオススメしたい1冊です。

  • いったい何冊出るんだよう(泣)と言いつつもしっかり買ってる。でもこれは色々解説が入ってて良かった。

  • これ面白いぞ☆

    本屋で立ち読みしたのが運の尽き、
    公式ブログと似たテンションで書かれていて(でも真剣な所もある)
    すごく面白くて買ってしまった。

    だって
    「俺らパねぇ」土方とか
    薄桜鬼の土方で想像したら少しお馬鹿で面白いんだ。

    だって、元ヤンOBできちゃった婚原田とか・・
    公式なのに想像力のお遊びが楽しすぎると思うんだ(褒めてます)。

    ゲームもいいが、公式ブログの面白さは秀逸。マニアクス?2買っちゃうよ、多分。

  • 製作裏話や各キャラへのコメントがあり、満足な一冊。
    プレイ後にもう一度読みたい。

    結構削ったシーンもあるらしい。
    全部入っていたら…と想像するのも楽しいv

全8件中 1 - 8件を表示

B's-LOG編集部の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

薄桜鬼 -新選組奇譚- 公式設定集 追想録 (B's-LOG COLLECTION)に関連する談話室の質問

薄桜鬼 -新選組奇譚- 公式設定集 追想録 (B's-LOG COLLECTION)はこんな本です

ツイートする