大平面の小さな罪 (ビームコミックス) (BEAM COMIX)

著者 : 岡崎二郎
  • エンターブレイン (2010年6月15日発売)
3.53
  • (6)
  • (10)
  • (11)
  • (5)
  • (0)
  • 本棚登録 :97
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・マンガ (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047265431

大平面の小さな罪 (ビームコミックス) (BEAM COMIX)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 絵は好き嫌いがあると思うが、人間らしさが描かれており、読んでみて面白かった。
    画像を操る能力者と広告代理店の人間との話。

  • 絵もうまいし、つまらないわけじゃない。でも、小じんまりまとまりすぎ

  • 昔ビックコミックで出てたものの再出版版。
    あとがき等が追加されています。
    岡崎先生のセンスオブワンダーの一端を体験できますよ。
    未読ならば是非

  • 復刊。<br /><br /><br />世のすべての平面を管理する機関の女エースの話。<br /><br />岡崎二朗らしくまとまりの良いSFで、安心して読める。<br />最後もしっかり、まるで恥ずかしがらずに王道な展開で締める。<br />堂に入ったもの。

  • この作者は好きだから本屋で見つけてすぐに購入したけど、持ってる本だった。最後のあとがき漫画とエッセイ漫画と表紙を手に入れる為の値段としてはどうなんだろう。

  • アフタヌーンでやってた「緑の黙示録」しか読んだことが無かったので
    作者の本領であるSF作品を遅まきながら。

    異世界にも社会や闘争があるのが面白いね。こいつら何者だという疑問には最後まで一切触れられないのも良い。

    ミンは結構カワイイ。

  • タイトルがとんでもなく美しい。当時の担当さんが考えた…らしきことが後書きまんがにあったけど、タイトル買いした身としてはうまい!という絶賛しかできない。

    6話の「Riolt(ライオット)」が好き。
    ほかの話も好きだけど、いかんせんヒロインであり、次元を操る美女・セーナを好きになれない。
    これを小悪魔的で、キュート&チャーミング、と称するのかもしれないけど、私には苦手なキャラクタータイプ。1話で一番ひどい罪をあっさり許されてしまっているのが、一番ぴんとこないかなあ…。

  • 再販されるんだね。楽しみ。

全9件中 1 - 9件を表示

大平面の小さな罪 (ビームコミックス) (BEAM COMIX)のその他の作品

岡崎二郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
久住 昌之
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする