ジゼル・アラン (1) (ビームコミックス)

著者 :
  • エンターブレイン
3.92
  • (175)
  • (244)
  • (166)
  • (21)
  • (6)
本棚登録 : 1938
レビュー : 144
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047266285

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この時代にこういうお転婆な女の子がいたのかもなあ、と想像するとすごく楽しい!!
    ジゼルちゃん14歳か15歳くらいかなーと思ったら13歳…だと…ニアピン…かわいい…

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「お転婆な女の子」
      そう言う話なのか!
      表紙に惚れて衝動買いしたけど積読中(完結してから一気読み予定)
      「お転婆な女の子」
      そう言う話なのか!
      表紙に惚れて衝動買いしたけど積読中(完結してから一気読み予定)
      2013/07/18
  • 以前fellows!を購入した時に、気になった作品だったので今回購入。

    お嬢様でアパートの大家さんのジゼルが、何でも屋として活躍するお話。
    世界観は、20世紀初頭のヨーロッパだそう。
    ジゼルの真っ直ぐさや、作品から伝わってくる温かい雰囲気が素敵。
    絵もきれいです。
    ジゼルの相棒で、年齢と身分違いの恋に悩むエリックくんもいいキャラ。
    乙嫁語りと並んで、この雑誌で人気が出そう。
    続きが楽しみな作品がまた一つ増えました。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「絵もきれいです。」
      なので、とっても気になっている作家さん。
      先ずは単発の「月夜のとらつぐみ」から読もうかな、、、
      「絵もきれいです。」
      なので、とっても気になっている作家さん。
      先ずは単発の「月夜のとらつぐみ」から読もうかな、、、
      2013/01/11
    • ぴよこさん
      レスが大変遅くなりました;;
      短編集「月夜のとらつぐみ」は「ジゼル・アラン」より若干読み手を選ぶ感じがしますがこちらも雰囲気があってよかっ...
      レスが大変遅くなりました;;
      短編集「月夜のとらつぐみ」は「ジゼル・アラン」より若干読み手を選ぶ感じがしますがこちらも雰囲気があってよかったですよ。
      2013/02/20
  • 期待しすぎたのがいけなかったのか…個人的にはあんまりでした。
    どこかで見たことがあるような話と言う感じです。

  • 1~3:ぽかぽかするお話。

  • 薄い!まず時代背景が全く伝わって来ない。帯の説明だけで終わらせようとする雑さが既に間違ってる。絵も書き込みが足りない感じ、んで何でも屋開業の目的も良くわからん。例えば、決めどころ!ってとこでも全く心に響かない。こういった思い立って即行動を取るってのを題材にした作品ってどこか心に響くものがあるもんだけど、それも薄い。つまらん作品だな

  • すごく和みます。ジゼルが可愛くて!
    ジゼルを取り巻く人間関係に目が離せません。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      絵に惹かれている先ずは「月夜のとらつぐみ」を読みたい。。。
      絵に惹かれている先ずは「月夜のとらつぐみ」を読みたい。。。
      2012/08/04
  • 20世紀前半フランス。大資産家の娘であるジゼルは、まだ幼いながらも自らの意志で裕福な家を飛び出し、古アパートの大家を務めながら一人暮らしをしています。物語は彼女が「何でも屋」を開業するところから始まります。家賃を滞納しているアパートの住人エリックを無理やり助手に任命し、街の人々の問題を解決しようと奮闘するジゼル。依頼者も同アパートの住人に始まり、花街の人気ストリッパー、孤児などバラエティにあふれる面々です。

    様々な問題の解決口は、ジゼルの子供ならではの物の見方から生まれます。彼女の理論は取るに足らない子供の発想だったりするんだけど、スッキリしていて強いインパクトがある。自由な魅力とその幼さが紙一重の所で絡まって、立ち振る舞いは不思議と色っぽい。

    ジゼルの事を想いつつ彼女に足りない所を理解し、それをちゃんとフォローしている助手のエリックが良い仕事してました。ジゼルはまだ幼く、エリックも保護者的な所があるので、ただの恋愛感情だけでは語れない2人の関係がおもしろいです。
    ヨーロッパが舞台なのに主人公がどうして黒髪おかっぱなんだろう?とちょっと不思議でしたが、読んでるうちに気にならなくなりますたぶん(笑)

  • 「森薫にそっくり…」と思ってとりあえず放置していたことを激しく後悔する。
    大変良い。子ども特有の傲慢さと、それを見守る大人たち。
    細部に物語が宿る、とてもほんわかするユートピア。

  • 舞台は(おそらく)英国ヴィクトリア朝末期。名家の生まれのお嬢様育ちらしい少女「ジゼル」はなぜかアパートの管理人。急に思い立って「何でも屋」を開業し、まわりがそれに振り回される、というお話。

    森薫「エマ」が好きな人ならおすすめ。おそらく作者も森薫には影響を受けているでしょう。作者はおそらくこの時代の英国の習俗が大好きと思われ、描写にもマニアックな愛着が感じられます。こういう少女が主人公の場合男性漫画家だと「萌え」の方に言ってしまいがちですが、こちらも森薫と同じく女性ならではの感性で品のよい「守ってあげたくなる女の子の可愛さ」が描けています。

    ただ作品の時代背景としてはエマに近いが、エマが長編のドラマチックなストーリーがあるのに比べこちらはなにげない日常を描く作品なので、作風としては「乙嫁語り」に近い感じ。

    私はヴィクトリア朝英国の習俗、そしてこういう日常系を丹念に書いた作品は大好きなのでこの作品はお気に入りです。が、ドラマチックなストーリーを求める向きには「よく意味が分からない」と思われてしまうかもしれません。

  • つまらない、てか単純にこういうのはやっぱり合わないだけかな。空気を楽しむとか感覚で楽しむみたいな漫画は苦手。

    やっぱり皆これを読むと森薫先生の作品を連想するんだね、乙嫁語りも駄目だったなぁ。

全144件中 1 - 10件を表示

ジゼル・アラン (1) (ビームコミックス)のその他の作品

笠井スイの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ジゼル・アラン (1) (ビームコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする