イムリ 8 (ビームコミックス)

著者 :
  • エンターブレイン
4.14
  • (24)
  • (27)
  • (15)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 225
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・マンガ (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047266681

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 濁流のおかげで助かるのだろうか……?

  • すごすぎる。 刻々とイムリが今一番面白い。 ソイル以上。
    絵を見ると面白くなさそうやけど。

  • ◎ダ・ヴィンチ2008年4月号
    「今月のプラチナ本」

    2010年9月9日(木)読了。

    2010−73。

  • いよいよ話が酷くなるイムリ。。
    不思議な力が使える「イムリ」を恐れて、全て自我のない奴隷にしようとするとか、ありえ…なくはないだろうなと思えてしまうあたりがちょっと悲しい。

    一人で出来る事は限られていて、それでも見捨てられない。

  • これだけ世界設定が作り込まれたマンガは読んだことありません。

  • やっとでました8巻!
    今巻はそこまでイムリの道具を使った派手なシーンはなかったので不完全燃焼気味が否めないのですが、物語もいよいよバトルのニオイがしてきたので今後の展開に期待感はつのるばかりです。続きが早く読みてー。しかし、あいかわらずこの人の絵は絵画のようでこの物語の雰囲気にピッタリだなぁと。ただ火が燃えているのと、彩輪を使っているシーンとの見分けがいまいちつかない(笑)
    未曾有のファンタジー叙情詩、必見です!

  • 続きが気になっている作品のひとつ。
    今回あまり話は進んでいなかったけど、ミューバの怖さとデュルクの悲壮さが哀しかった。
    どうなるんだろう・・・と毎回思うが予想ができない。

  • チムリの親達がニコニコと流されていく所が切ねぇ。

  • 絵も話もアラばかりが目につく。三宅乱丈の画力では引きのアクションは厳しいということがよくわかった。いままでは術も精神操作系だったから良かったものの、道具の登場でごまかせなくなってきた。話も急に進めたせいか、キャラ造形が不連続で雑。新キャラも微妙で、方言ばっかで読み辛い

  • もうこの世界感が好き過ぎてたまらない!!!結構年数経ってる展開だよね?あいつが偉くなってるってことは…。
    やだぁーーーラルドとイマクはどうなってるの!!!????
    コミックス派としてはそこが歯がゆい(笑)

全14件中 1 - 10件を表示

イムリ 8 (ビームコミックス)のその他の作品

三宅乱丈の作品

ツイートする