バカとテストと召喚獣8 (ファミ通文庫)

著者 :
制作 : 葉賀 ユイ 
  • エンターブレイン
3.93
  • (67)
  • (87)
  • (69)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 997
レビュー : 49
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047267275

作品紹介・あらすじ

玲の提案で瑞希が吉井家で暮らすことに。今まさに明久の眼前に広がるのは魅惑の同棲生活!?だがしかし!それは同時に異端者の終わりなき逃避行の始まりでもあり…「おい明久!お前-」もう万事休す!?と、明久の生命が危機に晒される中、再び幕を開けた試召戦争がFクラスを未曾有の大混乱へと突き落とす!昨日の友は今日の敵、あれ?あなたはどちら様?波乱の予感が吹き荒れる第8巻。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 姫路さんが積極的だった巻。
    明久たちは相変わらずだけど、姫路さんは色んな面で変わったなとしみじみ思う。

  • 闇鍋パーティのあと、姫路さんがしばらく吉井家で暮らすことになった第7.5巻の展開を受けてのストーリー。

    明久と姫路さんの同棲生活が、Fクラスの異端審問会にバレてしまいます。一方雄二も、霧島さんとの噂が異端審問会の敵視するところとなります。自分だけ助かろうと画策する2人ですが、その過程で噂がどんどん膨れ上がって、ますます激しい糾弾を浴びるハメに。そんなところへ、CクラスがFクラスに試召戦争を申し入れてきます。明久と雄二は、狂戦士と化したFクラスのメンバーから逃げ回りつつ、Cクラスとの戦いへの対応を迫られることになります。

    ラブコメ・パートの方は、このところ美波のワン・サイド・ゲームになっていましたが、ここで一気に姫路さんが攻勢をかけてきた模様。ラストに向けて着実に足場固めが進んでいるようで、マンネリ気味のストーリーにややダレてきた読者の方も、ふたたび気を引き締めなおすところでしょうか。

  • 面白い。

    5つ星にしようかと迷ったくらいおもしろかった。(5つ星はめったな事ではつけまいと思っているので4つ星にしました。)

    このシリーズは尻上がりに面白くなっていくようなので、次巻も楽しみ。

  • 姫路さん急接近。
    久しぶりの召喚獣戦争…と言っても
    今回は戦争はあんまりやってないけど。
    主人公のモテ補正がどんどん増えてきた感じ。
    次巻から戦争にちゃんと入るらしいから乞うご期待(´ ` )

  • ずいぶん前に闇鍋のところまで読んだ気がしたので、8巻から出ている巻を全部購入。最初のマンガで前巻のあらすじをやってくれるから間があいても話に入っていきやすくて助かる。
    地の文の少なさも一役買って、テンポよくてぐいぐい読ませる。やっぱりバカテス好きだなと再認識しました。BLや女装ネタも程よくあっておもしろい。
    はたまおは通勤中に読んでたけど、バカテスは笑ってしまうとこが多いわ、挿絵が多いわで、外じゃなくて家で思いっきり読みたい小説ですね。
    幕間のテストの先生の解説も、またおもしろい。父の扱いに笑った。

  • 短篇集のネタと直結の長編になってます。短編読み飛ばしてる人は導入がわかりづらいかもしれません。
    今回は色々とイラストが可愛かったですね。葉月と明久と姫路さんのカットとかラストのカットとか。一番のお気に入りは玉野さんです。キャラづけが楽しくて好きです。
    あと、ラストの寝込んじゃう明久とそれを看病する姫路さんのシーンは甘酸っぱくて身悶えしそうでした。人前だったのにw

  • 読了。

  • 9784047267275 255p 2010・9・10 初版

  •  姫路が明久と同じ屋練の下に暮らすことに…!?これはもしや…同棲生活!?と思いきや、嘘がバレバレの二人の発言によって明久は異端者の終わりなき逃避行の始めるこになる。
     今まで名前だけしか出て来なかった玉野さん、待望のビジュアル化!アキちゃんの服音がせてるけど!
     万事休すの明久の生命が晒される中、再び幕を開けた試召戦争がFクラスを未曾有の大混乱へと突き落とす!一緒に逃げよう雄二、地獄の果てまで鎖繋いで!そんな中のCクラスからの宣戦布告。この不利な状態でどうきり抜けるか…!
     次巻、Cクラス相手の試召戦争、点数補充がないままどう切り抜ける!?次もバカが楽しみ。

  • 姫路さんが奮闘する話。そして雄二と明久の最強タッグが見れる話。
    友達じゃないとか言っておきながら誰よりも信用しているこの二人が最強すぎるwww
    今回は姫路さんとの同居話!ついにクライマックス入ったかな?最後のシーンのその後も気になるし、続きの巻が楽しみです。
    新しく出てきた玉野さんもいいキャラしてる(笑)

全49件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

処女作『バカとテストと召喚獣』(ファミ通文庫刊)でいきなり大ヒット。次回作としてオリジナル漫画原作『ぐらんぶる』に挑戦、またもヒットとなる。

「2018年 『ぐらんぶる(11)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

バカとテストと召喚獣8 (ファミ通文庫)のその他の作品

井上堅二の作品

バカとテストと召喚獣8 (ファミ通文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする