彼女は戦争妖精6 (ファミ通文庫)

著者 :
制作 : フルーツパンチ 
  • エンターブレイン
3.44
  • (2)
  • (4)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 76
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047267596

作品紹介・あらすじ

さつきまでもが"鞘の主"となり、ますます不安の種が増えてしまった伊織。そんな彼に、敵対関係にあると思われていた由良健二とマラハイドが接近してくる。イソウドの強引な介入により他の"吟遊詩人"たちもそれぞれ"妖精の書"を巡り行動を始めたのだ。北への旅路を往く"男爵"、頼通とルテティアの前に姿を現すラ・ベル…。対照的に、不本意な戦いを続けることへの疑問が膨らむ伊織だが、突然のあの男の声に感情を抑えきれず-混迷の第6巻。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 話が進んでいるのかどうか良くわからない。マンネリ感がある。

  • フラグブレイカーな伊織さんの弱気なところが印象的でした。話が大きく動いた(と思われる)ので今後がどう展開していくかな。久々に可愛らしいクリスが見られた気がします。願わくばこの平穏が少しでも続きますように。ってもう無理かな…

  • 2010/08/30
    ⇒中古待ち

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

4月19日生まれ。集英社スーパーファンタジー文庫よりデビューして以降、著作多数。近刊に「赫光の護法枢機卿」(ファミ通文庫)、「剣魔剣奏剣聖剣舞」 MF文庫J)など。

「2018年 『いつかのレクイエム case.2 少女忍者と剣の悪魔』 で使われていた紹介文から引用しています。」

彼女は戦争妖精6 (ファミ通文庫)のその他の作品

嬉野秋彦の作品

ツイートする