ビーストプリンセス -恋人たちは惑いの雪山で- (B’s‐LOG文庫)

著者 : 志麻友紀
制作 : 氷堂 れん 
  • エンターブレイン (2010年9月15日発売)
3.50
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :12
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047267671

作品紹介

「月の王女」であるツキを守るため、イサとサガが加わった一行は猛吹雪の雪山へと辿り着く。そこへ、黄豹の獣人たちの襲撃が!苦戦するツキたちだったが、黒豹と雪豹の男女に助けられ、彼らの砦に滞在することに。ようやくほっとしたのも束の間、ツキの心にはもやもやしたものが…義理の兄・リョウの様子がどこかおかしいのだ。一方、リョウは自分の中にあるツキへの"独占欲"に戸惑いを覚えていた-これは、弟へ抱く感情なのか?奇跡を起こすのは、愛か裏切りか。大人気シリーズ第3弾。

ビーストプリンセス -恋人たちは惑いの雪山で- (B’s‐LOG文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2011年1月21日読了

    ようやく物語が動いて面白くなってきたところwww
    2巻までは主要キャラが出てくるまでの物語なので、少し停滞しがちなんだけど、それがあるからこそ彼らの性格もつかめるわけで。
    3巻にして、彼らの抱える問題にようやく焦点が当たったんだよね。
    主に、ツキとリョウの関係に。
    2人とも強い絆で繋がっているけど、今まで狭い世界で生きてきたのだと気付くとこがよかった。兄弟という関係などに悩むのもね~ww

    あと、前回からリョウの身体能力が向上しすぎている件も浮き彫りになり始めているので、今後どうなっていくのかドッキドキ★

    しかし、サガはいいとこありーの悪いとこありーのでイライラするw
    けしかけたいのか、ツキの情緒的な面での成長をさせたいのか、何か思惑があるのか…。やはり、最期を見ている者として抱えているものは多そうです。

    で、毎回楽しみなライガとティーガのやりとりですが。
    とうとうひとつの布団で寝る仲になったそうですよ!(笑)2人のじゃれあいは可愛いよねー和むー^^
    ケンカするほど仲がいいってのをアリアリ見せつけられている気がするよwww

全1件中 1 - 1件を表示

志麻友紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ビーストプリンセス -恋人たちは惑いの雪山で- (B’s‐LOG文庫)はこんな本です

ビーストプリンセス -恋人たちは惑いの雪山で- (B’s‐LOG文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする