砂漠の薔薇と海の星 復讐の皇子は微笑む (ビーズログ文庫)

著者 : あすか
制作 : 由貴海里 
  • エンターブレイン (2010年11月15日発売)
3.67
  • (2)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :21
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047268388

作品紹介

略奪騒動でアルバトルへの思いに気づいたルセリア。しかし、気持ちを伝える間もなく、シシア神国の王の急逝で、2人は国の代表として弔いの儀に参列することに。華燭の儀が延期になったうえ、ルセリアを狙うサイファスを警戒するアルバトルは、終始不機嫌モード!厳重注意をしたにもかかわらず、サイファスと2人きりで会ったルセリアに、激高したアルバトルは思わず…!?「それほどまでに俺が嫌いか?」-お互いを想いつつもすれ違う2人の恋の行方は!?略奪系ラブファンタジー大好評の第3弾登場。

砂漠の薔薇と海の星 復讐の皇子は微笑む (ビーズログ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アルバトルへの思いに気付いて、あとは華燭の儀を待つばかり・・ってところでしたけど、サイファスの国であるシシア神国の王が急逝したことで、延期。なんかアルバトルとルセリアの婚儀を阻止するべく、サイファスが父を殺したのかなぁって思いました。

    葬儀に出席するためにアルバトルとルセリアがシシア神国入りしましたけど、またしてもサイファスの気持ち悪さが出ました。勝手に絵を描くのはダメでしょう。

    それにしても、ルセリアってば言うこと聞かないなぁ。アルバトルの気持ちは知っているはずなのに、勝手な行動多すぎ。まあ、そういうところがないと話が進まないとは分かってはいるんですけどね。

    あと、アルバトルを好きな大国の姫ジャニーンも、なんか見た目と違って、怖い女の子っぽいし、彼女がどう絡んでくるのかは気になるところです。

    新しい使徒であるファンファンはかわいいし、ナナルといいコンビになって活躍するところも見たいです。

全2件中 1 - 2件を表示

砂漠の薔薇と海の星 復讐の皇子は微笑む (ビーズログ文庫)のその他の作品

あすかの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

砂漠の薔薇と海の星 復讐の皇子は微笑む (ビーズログ文庫)はこんな本です

ツイートする