失恋竜と契約の花嫁 -誓いのキスをもう一度- (B’s‐LOG文庫)

著者 :
制作 : 池上 紗京 
  • エンターブレイン
4.00
  • (3)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047268449

作品紹介・あらすじ

フィーナとラースの結婚報告を受けたリリーは、機関の国・トルバテフへ。出迎えてくれた二人の熱愛ぶりに呆れながらも、久々の再会を喜びあう。そんななか、リリーが気になるのはセツの存在-。けれども彼はなぜか苛立った様子で、リリーには冷たい態度ばかり。ついにはあの女性との「結婚宣言」まで飛び出して-!?一方、挙式を目前にした国内では"誰か"の魔法により不穏な空気が漂い始めていた…!素直になれない竜と人間が描く「失恋竜」シリーズ、もうひとつのラブストーリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 8巻目。番外編というか、本当の最終巻だと思います。
    気になるセツのお相手は、表紙でも分かるようにリリー。無愛想だけどきれいになったなぁと。その分、フィーナのイラストがコメディっぽくなっていたのが、ちょっと残念。

    フィーナとラースは、ほんとに最初の出会いのときからは考えられないくらいラブラブになってて、周りも目のやり場に困りそうです。

    メリルもスウェナに引きずられるように結婚式を見に来てて、ハッピーエンドだなあと思いました。やっぱり、池上紗京さんのイラストっていうのもよかったです。

  • 失恋竜シリーズ子供編第5作目にして最終巻
    セツのお相手には吃驚したけど、良い終わり方だったと思う。
    子供編に入ってから惰性に近い感じで購入していたけど、子供編の中では一番良いと思える話だった。
    途中までは、本気でせめて3作目までで終わりにしておけば良かったのにと思ってたし、これ以上続くようなら本気で購入するのを止めていたくらいには面白さというか興味のそそり具合の波が激しい作品。

    「失恋竜」シリーズ、もうひとつのラブ・ストーリー!
    ラースとフィーナが結婚へ! 準備に浮き立つ幸せそうな二人を横目に、相変わらずな日々を送るのは、ラースの使い魔・セツ。そこへ、式の招待を受けたリリーがトルバテフを訪れた。すっかり成長したリリーとの再会になぜか気まずさを覚えたセツは、人知れずフィーナの結婚を寂しがる彼女に冷たい言葉ばかり浴びせてしまう。挙げ句に、ラースの母親・サイラとの「結婚宣言」まで飛び出して――!? 素直になれない竜と無器用な人間が描く、「失恋竜」シリーズのもうひとつのラブ・ストーリー!

  • セツのお相手が予想外でした……。誰とくっつくんだろう、と思っていたけど、まさか、彼女だとは! でも、いいラストだったんじゃないかと思います。いろいろ気になる部分は残っているんですが(笑)、まあ、大団円ということで。
    たぶん、そこを掘り下げるとこのラストが台無しになる気がする。

全3件中 1 - 3件を表示

渡海奈穂の作品

ツイートする