限界集落温泉 2巻 (ビームコミックス)

著者 :
  • エンターブレイン
3.65
  • (6)
  • (25)
  • (21)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 175
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047268456

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • Kindleオーナーライブラリから。寂れた旅館に賑わいが戻ってきたが、アイドルが帰ってしまった。やはり一筋縄ではいかない。旅館同士の協定もあり上手く動けない経営、人を呼ぶにはどうすればいいのか。絵空事だが割りとおもしろい

  • リアルチックな展開が面白いが、都合が良すぎるのは相反する。爽快感には欠ける。

  • 綱渡りの連続でハラハラする。新たな敵も出現し、これからどうなる!

  • 山奥の限界集落で、発想を柔軟にかまえ、あらゆる使えるものを使い倒し、村おこし、地域おこしをやろうという試み。内実、綱渡りかつ綱渡りの連続なのだけれど、そこは人のすること。そして、元から住むものからの反発ののろしもあがりはじめたところで次巻へ。

  • 鈴木みそ

  • 地味に面白い。
    潰れかけた温泉をオタクの力で復活させようとする。これだけだと自己啓発くさいが、とてもリアル。

  • ファミ通はべーしっ君派だったので、鈴木みそに興味がなかったのだけれど(いつの話?)、このマンガはおもしろいです。2巻は1巻に比べるとややトーンダウンした感じ。

  • 限界集落の温泉旅館再生ストーリー第二巻。
    場末のネットアイドルからおたくとインターネットと時代の空気を貪欲に取り込んだ物語運びはさすが鈴木みそ先生といったところ。
    そしてラストに登場したキャラは一体何者なのか。
    …サークルクラッシャー、かな?

  • こんなに早く続刊が出るとは思わなかった。

    ご都合主義、かもしれんがやってることは面白いし。
    旧態的な地主、がラスボスでなくて若者の負の面、みたいな人物がいるのが良いね。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

漫画家。ちんげ教教祖。1963年静岡県下田市出身。美術予備校時代から編集プロダクションのライターとして雑誌作りに関わる。ゲーム攻略、記事、コラム、イラストなどをこなす。元編集者兼ライター兼イラストレーター。東京芸大油絵科除籍後、多忙すぎるプロダクションから独立。マンガを描く。1ページのルポ漫画から、広告マンガ、ストーリーマンガまで幅広く受け付けている。著書に『ナナのリテラシー』『限界集落(ギリギリ)温泉』など。Twitter: @MisoSuzuki 鈴木みそオフィシャルBlog『CHANGE』

「2015年 『凡庸な作家のサバイバル戦略──結局どうすりゃ売れるのさ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

限界集落温泉 2巻 (ビームコミックス)のその他の作品

鈴木みその作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
久住 昌之
有効な右矢印 無効な右矢印

限界集落温泉 2巻 (ビームコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする