ラヴァーズ ワールドエンド (B’s‐LOVEY COMICS)

著者 : 松木加斎
  • エンターブレイン (2010年11月1日発売)
2.93
  • (1)
  • (7)
  • (10)
  • (7)
  • (2)
  • 72人登録
  • 6レビュー
  • Amazon.co.jp ・マンガ (134ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047268722

ラヴァーズ ワールドエンド (B’s‐LOVEY COMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ストーリーテラーという帯から期待したとおりのストーリーのおもしろさに満足です

    ストーリーというよりは
    主人公たちの状況や心情を読み手にすとんと落とし込むのがとてもうまいひとなんだと思います
    導入の数ページだけで状況もはっきり分かる
    内容はなかなかまっとうなBLなのですが
    状況を理解しているだけに感情移入が早くできているので
    内容が心に残りやすくなっています


    殺し屋のパートナーはなしとか
    たぶんどこかしらで想像したりパロで読んだりしているはずなのに
    やけに鮮やかな感じで
    楽しませていただきました

  • BL短篇集。うむう、可もなく不可もなく…ネタ的にもベタなラインナップではないかと。ベタでも読めるってことは嫌いなセンスじゃないって事ですがw

  • 短編集。
    暗殺者同士のラブストーリーが表題作で、わりとすき。
    だけど星三つは全て、「桜色のリグレット」に捧げます!
    これ、すんごい好き。女にモテモテの木村君と、ひょんな事から彼と関係をもつようになった内田君。図書室で、木村君のいいように扱われていた内田君だけど、実は——。
    卒業式の日、本当の気持ちに気づいた木村君だけど……。

    という。
    青春だねー、BLだねー、の王道。
    「間」がすごくよくて、後からじわーっと胸が痛くなった。

  • うん…なんか…さらーっと流し読みしちゃう感じ……
    あと表題作は設定がぶっ飛びすぎてついていけんかった…BLは現実的なのしか読まないな…

  • 殺し屋の話よか、第2ボタンの話が好き。
    あー私ヒドイ男が捨てられる(忘れられる)話が好きなんだなぁ(笑)
    その後改心し追いかけて掴まえて幸せになる、というような流れが描かれてないところが特に気に入っている。

全6件中 1 - 6件を表示

ラヴァーズ ワールドエンド (B’s‐LOVEY COMICS)のその他の作品

松木加斎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
中村 明日美子
中村 明日美子
モンデン アキコ
有効な右矢印 無効な右矢印

ラヴァーズ ワールドエンド (B’s‐LOVEY COMICS)はこんなマンガです

ツイートする