子守り魔王と姫騎士団長 -神々の祝宴- (B’s‐LOG文庫)

著者 :
制作 : みずのもと 
  • エンターブレイン
3.14
  • (0)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 24
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047268784

作品紹介・あらすじ

「トラロックのことが好きだろう?」-危篤から回復したルシオは、ケツァルコアトルの意識のまま、すっかり改心した様子。彼にトラロックへの恋心を指摘されたクレアは、ようやくその想いを自覚し始める。同じ頃トラロックは、神々を襲う謎の狂気に侵食されていた。血肉への激しい餓えと破壊欲…消滅していた太陽争いの記憶が甦ると同時、魔王は愛すべき少女を毒牙にかける-!太陽が眠り、神々が狂った世界を人を救えるか?そして"神"と"神殺し"と"姫騎士団長"、三角関係の恋の行方は!?-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最終巻?

  • 目覚めないはずの人物が目覚めた、という報告が。
    慌ててそちらへと向かってみれば、思わぬ爆弾発言を聞いてしまうわ
    戻ったら事件発生で、数時間前までのほのぼのはどこへ? に。

    今まで出てきた神々勢ぞろい! とはいえ、3人だけですが。
    新登場の綺麗なお姉さまも入れると4人ですが。
    使えるものは使ってしまえ、という状態。
    一応大団円?
    何か…最後の方、可哀想な感じがしてきましたが。
    捕らえ方がw

    向こうの方々も、何だかちょっとずれてる気がします。
    というよりも、結局誰とも付かず離れずなのが…。
    楽しいですけどね、脳内的には色々想像できますけど
    ある意味逆ハーですか?
    しかし、よくもまぁ説得できたものかと。
    後の回収、どうやってするんでしょう?w

  • VS魔王戦があっさりぎみだなーと思ったけど、クレアのトラウマになってもやだしこんなものか。世界規模で切羽詰まっても、どこかほのぼのな感じが良いです。やっぱり姫様偉大だなー。ラストの変則捕り物(笑)もらしくて好きだけど、2人目の弟ばなしがお気に入り。少なくとも3年だけは嘘じゃない、とかセシルがじれじれ迷ってたとか。一環振り返るとアルベルトの変化はほんと大きいです。

  • 考えすぎて引きこもってしまうおさんどん魔王のターンで大団円。
    セシルがおいしい立ち位置をゲットしていた。1巻を考えるとなんて勝ち組。

全4件中 1 - 4件を表示

夕鷺かのうの作品

ツイートする