B.A.D. 4 繭墨はさしだされた手を握らない (ファミ通文庫)

著者 :
  • エンターブレイン
3.98
  • (11)
  • (28)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 244
感想 : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (337ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047268890

作品紹介・あらすじ

「それじゃあ、行こうか-小田桐君」いつものように紅い唐傘の陰で繭墨あざかは囁いた。白雪があさとに捕まった。無力な僕ができることは少なく、結局はこの異能の少女に助けを求めるしか術がない。だが、あさとへの手がかりを掴み、事務所に戻った僕が目にしたのは、引き千切られた繭墨あざかの姿だった。無惨な光景を前に、僕はようやく決意する。狐を殺そう、と-。残酷で切なく、醜悪に美しいミステリアス・ファンタジー。因縁と対峙する第4巻。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 集団自殺事件が多発し、その裏では繭墨あさとがいた。これまでの出来事で自責の念に囚われ動きを止めた小田桐。そんな彼のために狐の挑発にあえて乗った白雪は捕らわれてしまう。自分のために動いた白雪を救うために小田桐が動き始めたが、繭墨のもとを離れたがために戻って来た彼の目の前にあったのは繭墨の死体だった。
    まさか、繭墨が死ぬとは思わなかった。これまでなんのかんの言っても繭墨は無敵だと思っていたが、本当に14才の少女だとある意味感心した。そして、小田桐の悩み、葛藤する時と踏ん切りのよさとのギャップが激しい。共感出来るのに恐怖すら感じる彼が面白かった。

  • 5/10.
    あらゆるバトルは面白かった。「囁き」が多い気がした。

  • 彼女が彼につかまった。
    もう無気力ではいられない。

    3巻の続き、な状態です。
    ものすごく前回を引きづり、引きこもり状態で
    どれが夢なのかどれが現実なのか。
    いや、全部現実ですけど?w

    何だかもう人生吹っ切れました、な状態で進んでます。
    どこかしらふっ切らなければいけない所があるので
    それがここ、という事で。

    しかし、結局その行為が楽しいなら、心休まるなら
    それが欲望であり、やりたい事になるのでは?
    難しく考える事はないと思いますけど。

  • この巻で、繭墨あさととの戦いに決着がつけられることになります。

    前巻のラストで、心を閉ざしてしまった小田桐ですが、そんな彼の前からあさとが水無瀬白雪をさらっていったことで、小田桐はふたたび立ち上がります。その後、小田桐の下宿先に、あさとの意を受けた白木綾がやってきます。小田桐は、七海を味方につけて綾を幽閉し、あさとに関する情報を聞き出そうとします。

    その後、事務所へと足を運んだ小田桐は、あざかの死体を目にすることになります。あさとによってあざかが殺されたと信じた小田桐は、お腹の雨香とともに、あさととの決着へと挑みます。

    ストーリー展開は、前巻からの流れを引き継いで、自然な形で進行していきます。そのため、これまでよりもずっと読みやすく感じました。第1巻からの流れにひとまず決着がついたところで、ようやく落ち着いてストーリーを振り返ることができて、すっきりした気分になりました。

  • ちょっと文章が読みづらかった。特に前半が顕著。
    展開の方も、盛大に盛り上げておいて実にあっさりとした幕切れ。まさに狐につままれた気分です。
    でもこのギトギトと口内に粘りつくような読後感は嫌いじゃありません。世界観は本当に素晴らしいし、機会があれば五巻も読んでみたいと思います。

  • 追い詰められる小田桐、笑う狐、あざかの死体。とりあえず第1部完結といった感じ。

  • 面白いが結末が気に食わない…

    挿絵の白雪があまり好きじゃない

  • 死闘であるようなないような。

    意外とあっさり第一部の幕が閉じた。

    主人公の人生を左右した重要人物の関わる部分だけど、大掛かりといえば大掛かり、あっさりといえばあっさりだった。

    第二部からが楽しみだ。

  • 終盤に突然勢い消失。
    それまですごくおもしろかっただけにちょっと残念。

  •  猟奇的行為が日常のように起こり、主人公の小田桐は外からも内面から責められ、狂う手前で踏ん張っている。ヒロインの繭墨あざかはデレることもなく、ただただ冷静で非情。この点にブレがないことはこの作品の生命線だと思うが今回も安心して読むことができた。1巻以来、対峙することになった、あさととのクライマックスを迎えた。4巻ともなると私自身かなり醜悪な雰囲気になれてしまい、やや様式美的な空気に緊張感が薄れてきていたが、大半を小田桐だけに行動させた今回の演出は良かったと思う。3巻まで読んできた人ならこの巻は必読だろう。
     なお、この後、短篇集が出て、次回本編では大きく舞台を変えるようである。ラノベでのホラー系は私自身読んでる数が少なく、どのくらいのレベルにあるのかは明言できないが、物語の中の世界を末端まで描き切るほどに続くことを期待している。

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

エンターブレインえんため大賞小説部門優秀賞を受賞し、『B.A.D.1 繭墨は今日もチョコレートを食べる』(ファミ通文庫)でデビュー。同作から始まる『B.A.D.』シリーズや『異世界拷問姫』(MF文庫J)を筆頭に、無二のダークファンタジー世界を築き上げている。

「2020年 『魔女の愛し仔』 で使われていた紹介文から引用しています。」

綾里けいしの作品

B.A.D. 4 繭墨はさしだされた手を握らない (ファミ通文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×