ガブリエラ戦記I 白兎騎士団の窮地 (ファミ通文庫)

著者 :
制作 : 優木 きら 
  • エンターブレイン
3.50
  • (0)
  • (5)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 55
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047268944

作品紹介・あらすじ

清純な乙女だけで構成される鋼鉄の白兎騎士団-類まれな機転と発想によって、入団後1年も経たずに団長となったガブリエラ・リビエラ・スンナは、まだ若くあどけない少女だった。そんな彼女の就任直後、騎士団は未曾有の危機に直面する。バスティア大陸の中でせめぎ合う大国が活発に動きはじめ、否応なく戦いに巻き込まれるガブリエラ達。団長の真価が問われるその局面で、果たして彼女は団を導き、勝利することが出来るのか!?最強乙女伝説、開戦。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 剣と魔法の世界の戦争モノ.
    白兎騎士団の団長の奇策がすげーっす.
    自軍に殆ど損害を出さずに数的不利な籠城戦をクリア.

    策士の敵キャラも登場して
    今後も激しい頭脳戦とか情報戦とかあるんじゃないかな.

    楽しみだわー.

    それはそれとしてこの話は
    「鋼鉄の白兎騎士団」シリーズの後継的な位置づけだったので
    ソッチの方も読まねばなるまい・・・.

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1992年に『プリンセス・ミネルバ ウィスラー王国物語』で小説家デビュー。近年は『落ちてきた龍王と滅びゆく魔女の国』(MF文庫J)でヒットを飛ばす。ファンタジア文庫では2016年1月まで「ロムニア帝国興亡記」(全7巻)を刊行

「2017年 『東京廃区の戦女三師団3』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ガブリエラ戦記I 白兎騎士団の窮地 (ファミ通文庫)のその他の作品

舞阪洸の作品

ツイートする