澄江堂主人 前篇 (ビームコミックス)

著者 :
  • エンターブレイン
4.14
  • (12)
  • (8)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 90
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047268999

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ※全3冊セット(前中後篇)

  • 芥川龍之介を小説家ではなく漫画家として描いてはあるけれど、文学者の生涯を描いたコミックとしては、読みやすく面白いです。
    文学者が全員漫画家になってるので、ちょっと混乱もしますが、作品の描写と本人の人生がうまく混ざり合った感じで描かれてるので、芥川の作品の本編読んでるとここを絵にするとこうなるのか?と思って読めて、興味深かったです。
    死ぬのがわかってて読むのがちょっと辛いところです。

  • 山川直人さんの、版画のような独特のタッチと
    芥川龍之介はじめ、当時の文豪たちが全員マンガ家という
    異色の設定によって綴られる芥川龍之介伝。
    何とも言えない異色さだけど、何となく納得してしまう世界です。

    あの頃の文壇って、マンガみたいだったのかなぁ。

  • 芥川龍之介の晩年を丁寧に描いている。事実と違うのは、出てくる小説家が皆、漫画家という設定になっている事くらいか。必然的に重苦しい話だけどデフォルメの利いた絵が不思議と調和して、滑稽ですらある。

  • コーヒーもう一杯で知られる山川直人さんの新作。
    芥川龍之介の生涯をモチーフに漫画家:芥川龍之介としての生涯を描く作品です。掴みはあまり強くないのですが芥川のアンニュイさと山川さんの作風が非常に高い次元で融合して、何とも言えない独特の雰囲気を醸し出しています。読んでみないとわからないだろうなぁ。

    前編と書いてあったので前後篇で終わりかと思ったら、次巻予告が中篇ですって!次巻も楽しみです。

  • 「私小説作家としての芥川龍之介」をモチーフにして描かれる
    山川直人流・漫画家残酷物語

    漫画ファンにも文学ファンにも読んでいただきたい

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1962年大阪生まれ、東京育ち。高校時代から同人誌活動を始め、同人誌即売会コミティア創立時にはスタッフとして関わる。88年『シリーズ間借り人』(ヤングチャンピオン連載)が漫画雑誌初掲載。著書に『口笛小曲集』『コーヒーもう一杯』『澄江堂主人』『シリーズ小さな喫茶店』(以上、KADOKAWA)、『写真屋カフカ』(小学館)、『日常の椅子 菅原克己の風景』(ビレッジプレス)など。現在も同人誌、自主制作本の活動を続けている。

「2018年 『ハモニカ文庫と詩の漫画』 で使われていた紹介文から引用しています。」

澄江堂主人 前篇 (ビームコミックス)のその他の作品

山川直人の作品

ツイートする