パッチワーク!ワンダーランド2 (ファミ通文庫)

著者 : 庄司卓
制作 : マニャ子 
  • エンターブレイン (2011年1月29日発売)
2.75
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 16人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047269637

作品紹介

戦いの最中、学園都市ヘキサスコラに逆転移現象が起こり、達哉ばかりか立花やランドゥたちまで元の世界に-と思いきや学園は異世界へ逆戻り!?それを見たシティファーザーズのアーサーがある計画を実行に移す一方、都市間の同盟内では元の世界に帰りたいか否かで対立が勃発!さらに突如出現した謎の『黒い塔の都市』へ立花が"自分に似た少女"を探しに行ってしまった!!だがそこにいたのは…。凸凹トリオのアクションロードノベル第2弾。

パッチワーク!ワンダーランド2 (ファミ通文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • “「そういえば立花たちはこっちへ移転してきてからどれくらい経つんだよ?」
    出し抜けに名前を呼ばれて立花は思わず頬を赤くする。
    「な、何を言うのだ、いきなり!!そ、そうだな……。もうすぐ二年くらいか、私やお爺様にはまだ元の世界の記憶はあるぞ。しかしシティ『花形』住民の中にはすでに記憶がなくなり始めている者もいるようだ」
    「ふ~~ん、おすか。そりゃ大変だな」
    さして大変そうとも思っていない様子で達哉はそうつぶやいた。そしてすぐにランドゥへと向き直ると尋ねる。
    「それでおっさんは?こっちに移転してきてから何円くらい経ってるんだよ?」
    「忘れたよ」
    ランドゥはつっけんどんに言い返す。
    「忘れたって、何年経ったか忘れたって事かい?……あ、それとも元の世界の事を忘れたって事?だったら御免。いや、ちょっと俺、調子に乗りすぎる癖があるから……」
    いきなり頭を下げる達哉に、ランドゥはやりにくそうに答えた。
    「どうでもいいだろう。中途半端に謝るな。それより、ほれ。着いたぞ。あの倉庫の事だろう」”

    展開が意外。
    ボゥイが味方につくとはねー。しかも結構可愛いじゃないか。
    色々とキーワードが上がってきて。
    次で一気に繋がる、かな?

    “「私はあなた、あなたは私。だから私はあなただけにしか話しかけられない」
    「何を言っているのだ、お前は!さっぱりわからん。私の質問に答えろ!」
    痺れを切らす立花に、リッカは背後を見上げた。
    「これは『共鳴塔』。私とあなたを会わせてくれたもの。そして私たちの世界を引き裂いたもの」
    リッカに釣られて立花も塔を見上げた。塔の色は黒いままだが、頂に輝く光は青白い点滅に変わっていた。
    「私たちはまだここにいるわ」
    立花が視線を戻すのを待ってリッカは言った。
    「その事をあの人たちに伝えて。そしてあなたに私たちを助けて欲しいの」
    「私が?」
    戸惑う立花にリッカはうなずき返す。
    「そう、私たちを助けられるのはあなただけ。私の姿が見えるのも、声が聞こえるものあなただけ。だから私たちを助けて、お願い立花」”

  • 今回どうも急いでる感じがあると思ったらやはりの3巻で終了のお知らせ。もっとゆっくり読みたかったな。ほのかと達哉の絡みをもうちょっと!

全2件中 1 - 2件を表示

パッチワーク!ワンダーランド2 (ファミ通文庫)のその他の作品

1-B00T2IDTPYの詳細を見る Kindle版 1-B00T2IDTPY 庄司卓

庄司卓の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

パッチワーク!ワンダーランド2 (ファミ通文庫)はこんな本です

ツイートする