彼女は戦争妖精7 (ファミ通文庫)

著者 : 嬉野秋彦
制作 : フルーツパンチ 
  • エンターブレイン (2010年12月25日発売)
3.46
  • (1)
  • (4)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
  • 56人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047269644

作品紹介

イソウドの奸計によりペルスヴァルを倒した伊織たち。その数日後、伊織はクリスと、そして偽書の一件で薬子と袂を分かった常葉とリリオーヌとともに、母方の曾祖母の住む岩手へ旅立つ。しかし執拗なまでに伊織を狙うイソウドの刺客が彼らに迫っていた-!一方二人の不在を怪しむさつきとルテティア、薬子の真意を問いただす頼通はこの戦いの終局を考えはじめ、"吟遊詩人"たちにも最終局面を予感させる出来事が…!佳境を迎えるシリーズ第7巻。

彼女は戦争妖精7 (ファミ通文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 新生したミンストレルって登場は次巻っぽいけど。
    伊織の親父かなぁ。

  • いろんな意味で一線を越えた伊織くん。この巻もなかなかに壮絶だった気がするけど、この後の展開も凄そうだ。最後の健気に明るいクリスが切ない。

全2件中 1 - 2件を表示

彼女は戦争妖精7 (ファミ通文庫)のその他の作品

嬉野秋彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

彼女は戦争妖精7 (ファミ通文庫)はこんな本です

ツイートする