砂漠の薔薇と海の星 紺碧の策士はまどろむ (ビーズログ文庫)

著者 :
制作 : 由貴 海里 
  • エンターブレイン
3.44
  • (1)
  • (3)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047270619

作品紹介・あらすじ

アルバトルとルセリアは、シシア神国から帰国する最中嵐に見舞われ、さらに海賊船に偽装したサイファスにまで襲われてしまう!混乱のなか一人海に投げ出されたルセリアは、たどり着いた海岸で同じく漂着していたサイファスを発見。思わず逃げ出そうとするが、どうも様子がおかしい。なんと彼は、自らの記憶を失ってしまっていた!!一方、ルセリアの行方が気になるアルバトルは、緊急避難したイリディアス皇国でとんでもない話を聞かされ…!?急展開の略奪系ラブファンタジー第4弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シシア神国からの帰り道、嵐になった上で海賊に偽装したサイファスに襲われた、アルバトルとルセリア。いい感じで戦っていた二人なのに、またしてもルセリアの勝手な行動で一人海に投げ出されて、アルバトルに心配かけてます。嵐だし、戦ってるし・・の中で、用事もないのになんで甲板に出てくるかなぁ・・・。

    まあそんな状態で同じく漂着していたサイファスですが、記憶喪失で妙にいい人になってて違和感を感じてましたけど、最後でそうか!って納得。別人だったとはねー。でもそういうことなら、ルセリアを好きな男がまた1人増えたってことになりますか。ほんとアルバトルの心配は尽きません。

    ルセリアの出生の秘密も絡んできて、面白くなってきましたけど、最後に驚きの展開が待ってました。
    あのジャニーンが義母になるみたいで、またしても婚儀は延期になった二人ですが、次巻は彼女が何かしてくれそうですね。例えば、ルセリアとジャニーンの交換を王に働きかけて、自分がアルバトルの隣に収まろうとか・・・。気になります。

  • サイファス王子、記憶喪失とはいえ、やけにいい人になったと思いいたら、そういうことだったのですね。

全3件中 1 - 3件を表示

砂漠の薔薇と海の星 紺碧の策士はまどろむ (ビーズログ文庫)のその他の作品

あすかの作品

ツイートする