彼女は戦争妖精 小詩篇3 (ファミ通文庫)

  • 43人登録
  • 3.42評価
    • (1)
    • (3)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 嬉野秋彦
制作 : フルーツパンチ 
  • エンターブレイン (2011年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047270763

作品紹介

バイト帰りの大学生、早瀬薬子が助けたのは、妙な口調の美少年。そして彼は囁いた。「姐さん、殺したい相手はおりやせんか?」-「Lebor Fragarach」。病から逃れるため、"楽園"を目指すリュクレーヌ。一方その頃"世界の果て"では、一人の学者と彼を愛するウォーライクの元に"妖精の書"を抱いた少女が現れて-「Lebor Meabhal」。岩手での出来事に思い悩む伊織。散歩の先で、偏屈な老婆と出会うのだが-「Labor Bricriu」。真実に近づく小詩篇第3巻。

彼女は戦争妖精 小詩篇3 (ファミ通文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 薬子のパトロンの秘密や行方不明の伊織の父など、本編で語られていない複線の部分にスポットを当てた短編集。

  • 短編集。ただし本編と深く結びついている話が多々。過去話満載でした。宮本父もようやく…と思った矢先にこの展開。最後の日常話がイイ意味で浮いてた。こういう話の方が好みだけど、この作品ではこれがラストだろうなぁ…どう締めまで持っていくか期待。

全2件中 1 - 2件を表示

彼女は戦争妖精 小詩篇3 (ファミ通文庫)のその他の作品

嬉野秋彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

彼女は戦争妖精 小詩篇3 (ファミ通文庫)はこんな本です

ツイートする