死神少女と1/2アンデッド (ファミ通文庫)

著者 :
制作 : kyo 
  • エンターブレイン
3.64
  • (1)
  • (5)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047270817

作品紹介・あらすじ

海辺で遺体となり発見された冬哉は、恐怖に満ちた夢を見て蘇生した。だが心音もなく姿も鏡に映らず、屋内外に佇む霊が見える…。そんな異常を隠し日常に戻った彼のクラスに突然、あの夢で見た大鎌の少女が現れた!戦慄し逃げる冬哉に、少女は迫る。「鏡を返せ」と-。それが己の死の真相を忘却した"半死人"冬哉と、迷える魂を彼岸に送る"渡し"那由子の奇妙な関係の始まりだった。死と生の境を越えて出逢った二人のダーク・ミステリ・ロマンス。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『死神少女』『生贄の羊』『残光の女神』と続く『1/2アンデッド』シリーズ全3冊、完結。
    少しホラー気味の話。最後の再会に泣いた。
    食いしん坊の那由子さん、玉子売りのさつきさん好き。作品の舞台は長崎か?

  • 表紙に一目惚れて購入。美少女とでかゴツい武器は相性がとてもよろしいw
    お話は『怪異』との遭遇の描写がいいなぁ。気味の悪い、よくわからないものへの、うすら寒い恐怖感を刺激されてたまらん。
    次巻も期待~。

  • サイン本を運良くゲット出来てたのですが。最近になってやっと読めました。ファミ通文庫の既刊シリーズと違って、どっちかというと新書で出したホラーっぽいやつ寄りのシリーズになるようですね。

  • 那由子は食いしん坊キャラだったのか……

  • げぇ、続いた!


    多分続きは買わないかな

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

小説家、漫画原作。『賢者なんて大キライ!』(ファミ通文庫)にてデビュー。ファンタジーからスポーツものまで、幅広いジャンルで活躍する。

「2017年 『神さまの百貨店 たそがれ外商部が御用承ります。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

死神少女と1/2アンデッド (ファミ通文庫)のその他の作品

佐々原史緒の作品

ツイートする