まおゆう魔王勇者 (3) 聖鍵(せいけん)遠征軍

著者 : 橙乃ままれ
制作 : toi8 
  • KADOKAWA/エンターブレイン (2011年4月28日発売)
4.13
  • (59)
  • (77)
  • (34)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :492
  • レビュー :29
  • Amazon.co.jp ・本 (377ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047270978

まおゆう魔王勇者 (3) 聖鍵(せいけん)遠征軍の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前の巻よりもサブタイトルの要素が強めですね。
    全五巻あるうちの中盤、このあと2巻でどうまとまるのか、楽しみです。

    各巻表紙が繋がってるようなので、最終的にどんな並びになるのか気になります。
    誰がどの人物か考えるのも楽しいですね。

  • 前巻の最後、魔族の会議上で魔王の退位動議を出され、正直今の魔王は押し出しに欠ける上に、人間との緊迫した関係からすれば、穏健派よりも急進派の方が指示を受けやすいのは現実でも過去の歴史がたくさん証明しています。

    この政治的窮地を、これまた政治的なやり方でしのいだかと思えば、今度は反乱という力技で逆襲されると来てます。力技だったら反則級の戦闘力を持つ勇者やその仲間で何とかできるのですが、もっと厄介なのが中央諸国で興った聖鍵遠征軍です。

     何しろ向こうには大義名分もあれば兵力もある、更には魔王が作り出すも色々なトラブルで実用化できずにいたマスケット銃を手に入れて量産、銃兵を編成するまでに至ってます。
    加えてそれらを指揮する王弟元帥は指揮官としての才能に優れている上に、マスケット銃の利点と欠点をしっかり把握して最大限に効果を発揮させる術を編み出す構想力、更には人心掌握術も心得ていると言う具合で隙がない。

     このかつてない強敵を前に、勇者と魔王、仲間達、南部諸国と魔族達はどうやって立ち向かうのか

  • 昔絢爛舞踏祭をやった時に、「戦争を終わらせるのは軍隊ではなく外交」みたいなセリフがあった。

    メイド姉と王弟元帥の停戦交渉のシーンなど、まおゆうの作中にもそのような描写がある。
    また、「勇者一味は魔王を倒すために雇われた殺し屋」というような描写は、新しい視点だったが納得。
    そりゃ人間が本気で魔王を倒したいと思ってるなら軍を動かすよな。
    本音では倒したくないけど、建前上倒そうとしないのはまずいから勇者一味にやらせてる、と。

    まあDQとかは派兵出来ないぐらい人間が追いつめられてて、そんな状況で現れた最後の希望的な感じで勇者が描かれてるから同じ論理では語れないだろう。
    というか多分そんなこと言ったらナンセンスだわ。

  • 軍人子弟が出てくる軍事的な話が読んでて興味深い。
    舞台が拡張して、さてこの先どうなるのか。

  • 内政半分,戦争半分.
    魔王のかつての弟子も登場したりして.
    大活躍の火竜公女,青年商人.
    ここにはない何かを探す旅に出たメイド姉.

    帝都の教会まじ真っ黒.
    アレだよな,神とか聖とか自分で名乗っちゃ駄目だよな.
    神聖帝国とか聖鍵遠征軍とかさ.
    疚しい事が有るからこその「神」であり「聖」であり….

  • 魔王暗殺未遂を機に魔族が会議制になる。メイド姉の旅立ち。反乱を起こした魔族の南部への侵攻。さらにマスケット銃を量産した王弟元帥の大軍の南下と抵抗勢力による南部連合の結成。自体は様々な様相を呈するが、いずれも決定打にならず、膠着状態に。

  • 「5」にまとめる。

  • やっと続きを読めた。
    けっこう話が展開していき、次が楽しみw

  • 何かを変える事が如何に大変で、労力を必要とするか…この巻では、各々のキャラが持つ考えや行動を通して、それらを教えてくれる。

  • シリーズ3巻。登場人物たちの意思の強さが光る内容だったと思う。
    魔王や勇者の手が届かないところでどんどん事態が動き始めるが、その場にいるキャラクターが確固たる意志と行動を示すのがいい。相変わらず密度が高いが退屈する場面がない。
    傭兵団のシーンみたいなのに全く免疫がなくて困る。

全29件中 1 - 10件を表示

まおゆう魔王勇者 (3) 聖鍵(せいけん)遠征軍のその他の作品

橙乃ままれの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

まおゆう魔王勇者 (3) 聖鍵(せいけん)遠征軍を本棚に登録しているひと

ツイートする