Fellows! 2011-APRIL volume16B (ビームコミックス)

  • エンターブレイン
3.60
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (386ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047271982

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 分冊2冊目はえろす&はっぴねすな作品を集めたそうです。
    たしかにダイミダラーがあんな話だとは知らなかったなぁw
    単行本待ち未読はウワガキ。
    今回面白かったのは、
    ダイミダラー、ゆず、ヨメ、アート部、雛祭り、Holy、
    トルソー、演劇部、腹痛、ストレ、
    です。
    読み切り作品はどれも傑作でごじゃった。
    特にトルソーと腹痛!
    前者は主人公たちが会話の中で自分を表現するための
    心構えなどを語ってくれるところがいい。
    後者は超共感する話であった。名前でピンときたら
    あなたもマブダチさっ!
    ヒナまつりがFellows購読の大きな動機の1つなんだけど
    今回も面白かった。頑張れアンズちゃん!
    ヨメとストレの連続掲載が面白い。ストレは次回もあるよ!




    以下ネタバレ---------------------




































    ・「健全ロボ ダイミダラー」/なかま亜咲
    ダイミダラーえろすwwww
    知らなかったw
    淫らなわけねw
    まさかここまでのアホ漫画とは思わなんだ。
    前号のペンギンのお頭みたいな人とその部下
    のやりとりが面白かったけどあれは外伝だったしね。
    あっちは敵でこっちが正義の味方だったわけだ。
    ガリバーチンポ!!
    敵キャラが一番愛着わくんですけどw


    ・「ゆずこしょう」/真伊東
    何事も外見から入りガチでやる美人ママとそのお子さんの話。
    いや〜、お母さんが美人ってのはステータスだよねぇ。
    もちろん自分の母というものがいかに偉大かということが
    わかっていれば容姿なんて関係なく誇れるものなのですが
    などと威張っていってみる。
    天然なお母さんとしっかりしたお子さんの組み合わせがいいねw


    ・「ヨメがコレなもんで。」/宮田紘次
    すっかりファンになってしましました!
    今回初めて金星人の弟をみる。
    基本的にあちらさんのキグルミってチャラいんだねw
    故郷の星の習性がちょっとわかって面白い。
    あちらでは生き抜くためになんか頑張るわけなので
    この星でも肉食系女子という生活をおくっているようだ。
    弟はチャラいけど地球人の特性などを知って理解したりと
    割とフェアな精神をおもちだ。
    全編通していつもどおりのラブコメだったけど、
    最後に赤ちゃんが誘拐されちゃった!!
    おばあちゃんもなんだかんだで宇宙人にさえヨメとして
    接してるところに意外にも好感がもてる。
    いい家族ですね!


    ・「ウワガキ」/八十八良
    単行本待ち未読。


    ・「最愛の隣の悪夢」/安住だいち
    お隣りさんは汚部屋の持ち主だった…
    美人なのに…
    の第2話。
    まーた壁つき破ってしまったので
    もう自分で掃除することになった主人公。
    彼女が汚部屋にするのは自分の作品?
    仕事に熱中するあまりそうなるようです。
    クリティブなお仕事で、洋服つくってるみたい。
    前回その話でたっけ?


    ・「たまりば」/しおやてるこ
    おっさんと若者の話。
    若者がおっさん嫌うのもわかるよね。
    だって女子高生だよね?
    おっさんにとられたくないわー。
    でもまたこの高校生の子も結構
    チャラいっぽい感じであまり好感度は
    低いなぁ。
    でも真剣なようではあるんだよね。
    おっさんもおっさんでけだるそうやなw
    なんでこんな人がモテんの?
    っていう人物がモテてるのが
    ある意味現実的なように思える。
    最高にいらつく漫画でもある。


    ・「桜中アート部制作日誌」/松山紗耶
    オチでやられたwww
    部長ど下手くそじゃねーかw
    皆それなり、あるいは十分な画力を持ってるのに
    やる気はなく、部長は統率が大変なのである。
    出来上がったものは個性が強すぎるというか
    それぞれ個人プレーで書きすぎて統一感なしw
    頑張ってる部長は一番下手くそww
    救いようがないwww


    ・「ヒナまつり」/大武政夫
    待ってましたぁ!!!!
    一番楽しみにしている漫画です!
    今回またもやアンズが出てきます。
    前半がアンズのサバイバル編。
    後半がヒナの家事編。
    帰れなくて困ったアンズちゃんは
    結局ホームレスの仲間入り。
    この前のヤっさんのお世話になって
    ホームレスの仲間になるべく奔走します。
    最終的にアンズちゃんのお歌が
    皆の家族の思いを呼び起こさせ
    可愛がられる結果となったw
    後半のヒナの家事編はなんか
    殊勝というかちょっと反省した
    あたりがかわいいw
    脳内シミュレーションでの
    アンズちゃんと新田のキャッキャウフフに
    ショックを受けたりなんかいいなw
    つーか新田さんとこヤクザのくせに
    皆優しいよね。


    ・「Holy Star」/碧風羽
    不思議な物語。
    絵柄の雰囲気もぴったりで素敵なんだけど
    もの寂しい話でした。
    周りの子供たちの目の怖さや
    女の子の美しさ、
    落ちた星の輝きなどが
    なんとも印象的な漫画です。

    ・「兎の角」/睦月のぞみ
    男の娘霊媒師漫画?
    新キャラらしき人が登場します。
    おっぱいと半裸の話で物語が進行したと
    思えば今度は百合に興奮する人が現れたり
    ただの変態漫画ですね!w


    ・「野ばら」/高田築
    しょむたんをおうちにもってかえった令嬢一行。
    彼女たちは科学者なのかな?
    なんか珍しいね。
    それとも出席するだけのパンピーなのかな?
    そんな学会ねーよ。
    無表情でいろいろやらかすしょむたんが
    なんがかかわいくみえてきました。


    ・「トルソー!」/嵐田佐和子
    これは傑作じゃぁ!
    特別読み切り。
    トルソーってのはあの上半身部分だけのマネキンの
    ことなんだって!
    この物語はお洋服デザイナーの卵の話。
    主人公は専門学校の学内コンペにモデルとして
    出場してくれる人が急病ででられなくなって
    しまった!
    そこでがっかりしてたころを助けてくれたのが…
    しゃべるトルソーだった!
    主人公の秘密が明らかになっていくまでの
    会話のもって行き方が好き。
    僕は最初はえ?どっちなんだっけ?と
    明文化されてる部分をさがすんだけど
    やはりあの会話で明らかになっていた。
    外見からではわかりづらく描きわけている
    ってのがすごい。性別を。
    彼がデザイナーとしてやっていくための
    心構えとか話してくれるんだけど、
    そのシーンもいいな。
    トルソーと彼、お互いに会話の中で
    支えていくのがよかった。


    ・「演劇部5分前リターンズ」/百名哲
    面白くなってきた!
    僕は高校では帰宅部だったけど
    過去に戻っても演劇部など入らないだろう。
    恥ずかしいからだ。
    その恥ずかしい部分だとか場数とか
    なんていうかまぁ当たり前っちゃ当たり前な
    部分をちゃんと説明したり、客観性の獲得を
    解説してくれててそこが僕には新鮮だった。
    ガラスの仮面とかじゃない。
    演劇のために必要なことを描かれてるのがいいんだ!
    最後に青春っぽい流れになってるんだけど
    ちょっとひやっするシーンが。
    先生もその徴候に気付いてまずいと思った
    あたりが大人でかっこいいなぁ。


    ・「腹痛ベイビー」/緒方波子
    特別読み切り。
    これ…ものっそい共感できる。。。
    僕、男ですが。
    女性ならば尚更なのではないか?
    僕は女性が外で脱糞しようと目論んでるとこ
    みたことねぇ。
    中学校の途中までは学校でうんこすんの
    に抵抗があったけど、どうしようもなくなって
    続けていたらもう慣れちゃった。
    これはそんな羞恥心との戦いの物語である。
    完璧美少女唯一の欠点がお腹を下しやすいこと。
    そんな彼女は級友がいない女子トイレにこっそりといく。
    わかるわ〜、その気持。僕もなるべくはそうする。
    そこに現れるは保健委員のテンパメガネ男子。
    彼は彼女の体質を理解し手を貸してくれるのだった。
    キモイけど正直これほど頼もしい人間はおらんわw
    きもいけど。
    でもちょっと付き合ったり結婚してあげてもいいんじゃね?
    とか美少女の丹野さんも感じてくれればいいな。
    きもいけど。
    そんな妄想をしつつ、彼女は一歩前進できるのでした。


    ・「ストレニュアス・ライフ」/丸山薫
    3連続連載ということでシーロン図書館の過去編。
    なんと、そういうことだったのか…。
    由来が判明。
    しかしモー課長は一発キャラということになりますな…。
    3部作が現在・過去・未来という構成上仕方がないのかな。
    中国っぽいとこで左遷されちゃった殿下とその侍女。
    迷い込んだチビ龍を助け、予言をたくされる。
    その内容は彼にとって大きな希望となるものだった。
    なぜなら彼は武に優れていなく勉をとっていて
    書物を愛していたからである。
    なので政治に口出ししてきらわれちゃって、
    左遷され、嫌がらせに民の書物も焼かれてるという。
    この情況を憂いているのだ。
    これが前回のシーロンになったようです。
    由来と同時に侍女の淡い恋心が超素敵!


    ☆まとめ☆
    看板級作家のそろった号ということでした。
    いやー、面白かったなぁ!
    読み切りが全て最高に面白い。
    ヒナまつりが読めて幸せでした。
    しかしそれだけじゃない。
    ダイミダラーの本編がやっと読めたw
    アホ漫画ですねw

  • 「うち嫁」がとても面白い。
    「ジゼル・アラン」もクォリティが高くて大満足。
    勿論イチオシの丸山薫さんもパーフェクト。

全2件中 1 - 2件を表示

なかま亜咲の作品

ツイートする