テルマエ・ロマエ III (ビームコミックス)

  • エンターブレイン (2011年4月23日発売)
4.07
  • (550)
  • (752)
  • (369)
  • (24)
  • (4)
本棚登録 : 5095
レビュー : 404
  • Amazon.co.jp ・マンガ (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047272323

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  例によって例のごとく、水没しては我らが平たい顔族のところへタイムスリップだかタイムワープだかをしてくるルシウスですが、さすがに三巻目ともなると慣れたものですな(笑)仕事もついに浴場どころか温泉街まで造ってしまう…!いい仕事してますよ、ルシウス。
     ここまで読んで気がついたけれど、ルシウスは難題に直面しても安易に水没して平たい顔族の国にいってアイデアを得ようとはしてないよね。自分の頭で考えて悩んでいる。技師のプライドかそれとも他の理由からかは判然としないけれどそんなルシウスは結構リッパだと思った次第。

  • 今度は日本の温泉地にタイムトリップしたルシウス。

    ラーメンと餃子に震えるほどの感動を覚え、
    的当ての商品のぬいぐるみを新しい神に祀り、
    日本のパピルスでの紙幣に驚き、千円札の
    野口英世に平たい顔族の皇帝を思う[笑]

    湯のある場所に諍いごとは生じない。
    与作を唄うおじいさんにシンパシーを感じつつ
    ヘイヘイホーにわびさびを感じるローマ人。

    池の水面に映る月と女神の
    神秘的な光景を眺めつつの入浴。いいなぁ~♡

  • 荒廃地を温泉街に変えたり、金を巧みに使って神々しい入浴施設を作るお話もとても面白かったです。。

  • 風呂限定のタイムスリップ漫画。古代ローマの生真面目建築士・ルシウスが日本の様々な浴場で巻き起こす騒動と風呂蘊蓄が馬鹿馬鹿しくも心地よい。今巻では温泉街建設やタライ風呂やらが題材。登場人物がみんなあったかいっす。

  • へいへいほ〜。湯のある場所に争い事は生じない。銭湯、温泉街も良いもんだなあ。
    黄金という色は神々しさを放ってこそ。

  • 表紙のラオコーンにまず吹き出してしまった。
    この絵ひとつとっても著者のセンスのすごさを感じる。

    どの話も面白かったが、温泉街に行ったエピソードが特に好きだ。
    真面目な顔で変なぬいぐるみを抱えるカットや、ラーメン屋でのやり取りはかなり笑えた。
    その次のエピソードの木こりとのHEI HEI HOUのやりとりは心温まるものがあった。

  • 絵があまり好みじゃないかもとおもいながら読んでみたら楽しい楽しい!古代ローマ人が風呂好きというのにまず驚き。これを映画で阿部寛が演じるというのにまた驚き。古代ローマ人ができる俳優は日本では彼だけじゃないだろうか。

  • ローマの浴場技師のおかげで、日本文化の素晴らしさをこんなにも再認識するなんてね@城崎温泉

  • いい!そろそろネタも尽きてくるかと思いきや、相変わらずのキレっぷりがたまりません。
    ルシウス氏可愛い。
    素朴な発見を感動と笑いにしてくれるいい本。

  • ローマに金閣寺とどすえ、はちょっと・・・^^;

全404件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ヤマザキマリ

1967年東京生まれ。漫画家・文筆家。東京造形大学客員教授。84年にイタリアに渡り、フィレンツェの国立アカデミア美術学院で美術史・油絵を専攻。2010年『テルマエ・ロマエ』で第3回マンガ大賞 受賞、第14回手塚治虫文化賞短編賞受賞。2015年度芸術選奨文部科学大臣賞受賞。2017年イタリア共和国星勲章綬章。著書に『スティーブ・ジョブズ』(講談社、ウォルター・アイザックソン原作)、『プリニウス 』(新潮社、とり・みきと共著)、『オリンピア・キュクロス』(集英社)、『国境のない生き方』(小学館新書)、『パスタぎらい』(新潮新書)、『ヴィオラ母さん』(文藝春秋)など。

「2020年 『たちどまって考える』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ヤマザキマリの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

テルマエ・ロマエ III (ビームコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×