"葵" ヒカルが地球にいたころ……(1) (ファミ通文庫)

著者 :
制作 : 竹岡 美穂 
  • エンターブレイン
4.00
  • (73)
  • (114)
  • (63)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 745
レビュー : 86
  • Amazon.co.jp ・本 (346ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047272811

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  野村美月さんの新シリーズということで早速読んでみました。
     最初は「なんだかなあ」という感じでしたが、後半から一気に面白くなっていきました。読み進めるうちにじわじわと涙が押し寄せてきて、最後には泣いてしまいました(ノω`)、
     この話は源氏物語をベースにしているそうですが、それを知ったとき文学少女とダブってると一瞬思ってしまいました。そういうこともあり星は四つです。
     ですが女の子との絡みもあり、ヒカルとの友情もあり、続きが楽しみなお話です。
     早速夕顔を読んでみます。 

  • 新シリーズでありながら、文学少女シリーズで確立した既存の古典作品と絡めながら現代にストーリーを膨らませる手法は軽快で、安心して導入から読める。
    ヒカルのとんでもない設定(それは幽霊で有ることでは無い)でありながら嫌味を感じ無いのは、ベースになった人の高性能が故か。

  • はじめは葬儀で騒いだりきつくて可愛げのない葵が苦手だったけれど、いつの間にか微笑ましく思えるようになっていた。是光にしか見えない幽霊のヒカルと回る、彼を思い出しながらの是光と葵の遊園地デートが切なさより温かくて瑞々しくて良かった。葬儀で笑っていた朝衣他、暗くどろどろしたラストに続きが気になった。

  • 評価:☆4.5

    「心残りがあるんだ」
    恋多き学園の''皇子''ヒカル――その幽霊が、是光の前に現れそう告げた。
    野村美月が贈る、ミステリアス現代学園ロマンス、堂々開幕!!


    主人公である是光の不器用ながらも誰かのために一生懸命になれるところは凄く好感が持てるね。
    勘違いとはいえ、キングオブヤンキーとまで言われてる是光が涙脆いところもギャップがあっていい。
    自らのトラウマと重ねているところもあるけれど、他人のために本気で怒って、本気で泣いて・・・そういうことができる人っていいよねぇ。こんな奴に友達できてないとかおかしいw

    そして帆夏から漂う凄まじい萌えキャラオーラ…!
    是光にキュンとくるシーンはこっちまでキュンキュンしたw
    文学少女のななせと同じタイプのツンデレキャラだけど、こっちの方が刺が少ない感じかな?
    ヒカルが作中で放つ「強気プラス純情って最強だよね。すっごく萌える」という言葉は作者本人の意見のように思えるのは気のせいだろうか(笑)
    個人的にも全面的に同意なので是非こういうキャラを出していって欲しい!

    人間のもつ激しく暗い感情も出てきますが、文学少女ほどえげつなくはないかなという感じ。
    今のところは「読みやすくなった文学少女」というイメージ。

    最後も気になる引きだったのでどんどん読んでいきたい!

  • もつれた感情が解け、素直になることが出来た葵がよかったなぁ、と思いますが、そもそも誠さん顔負けだったヒカルを思えばなぁ。是光はとばっちりに近いキモしますが、相手を思っての行動は素直にいい奴だと思いました。

  • 源氏物語モチーフな第1弾。野村さんの作品は、淡いタッチがよく合う。

    いいやつなんだけど見た目でヤンキーと誤解される是光が、学校で一番のタラシで女の子に優しい王子みたいなヒカル(幽霊)の心残りを果たす話。

    ヒカルの婚約者だった葵は、素直じゃなくて言葉と態度が裏腹な子。本当の気持ちを隠すように、強がるタイプ。本当は誰よりも純粋なんじゃないかな。

    ひょんなことから是光に協力してくれるようになる式部が、是光のことを理解してくれるようになるのが、なんか嬉しかった。

    ヒカルの心残りを果たそうとするうちに、是光との間に生まれる友情もとてもいいな。そして何より、これ皆是光に惚れちゃわないかww
    楽しみなシリーズができたなぁ♪

  • 顔つきと口下手さ故にヤンキーと誤解され続けている赤城是光と眉目秀麗で口の上手い女たらしな“学園の皇子”帝門ヒカル。
    正反対なのに、どこか似ている気もする2人のやりとりが好き。
    ヒカルが死ななかったら、2人はどうなっていたんだろう。

    是光が本当に良い子。この調子でいけば、誤解も解けるかなぁ。違う誤解が生まれそうな気もするけど…。

    朝衣とヒカルの間に何があったんだろう。

  •  その風貌からヤンキーと決めつけられ、敬遠され続けた赤城是光(これみつ)。高校生になったら……と期待したものの、入学間近に交通事故に遭い、やっと登校した時には、あらぬ噂をたてられたあとだった。そんな是光の前に、学園一の美少年帝門(みかど)ヒカルが現れ、是光に好意を示してくるが、ヒカルはその数日後あっけなく他界してしまう。
     何となく気になり、ヒカルの葬儀に出向いた是光だったが、葬儀場は彼を慕うたくさんの女性であふれ、是光は明らかに浮いた存在に。多くの女性が悲しみにくれる中、たった一人ヒカルを「嘘つき」とののしる少女が気になる是光だった。
     ところが、死んだはずのヒカルが何故か是光の前に現れる。驚き戸惑う是光に、「心残りがあるんだ」と打ち明けてきたヒカルに是光は…

     見かけから損をしてばっかりの是光のまえに、人気者で死んだはずのヒカルが幽霊になって現れて、好きだった幼なじみの少女葵に本当の思いを伝え、誕生日プレゼントを渡してほしいと懇願。女ったらしのヒカルの自分勝手な願いに、最初は気の進まない是光も、やがてヒカルの思いを知り、いつしか友情が芽生えていくのですが、いかんせん、前途は多難で……。
     コメディタッチで“文学少女”よりは、さくっと読めました。物語はこれ以降、事故死とみられたヒカルの死の真相へと進んでいくよう。続きが楽しみです。

  • 『文学少女~』が終わってから始まったこのシリーズに、最初、なかなか手が出せませんでした。
    “葵”と“ヒカル”という名前から源氏物語を元にしたものなんだろうなーと思い、興味はあったのですが、『文学少女~』が頭の中でチラチラして、どんなに変化しているのかという恐怖もあり、なかなか買うことができませんでした;
    それでも読みたかったので、勇気を出して買って、怯えつつ読みました(苦笑)

    私は野村さんの書く物語が大好きです。

    この物語を読んで、改めて思いました。
    今度は花に詳しくなれそうですね!笑
    私にとってこの物語は、ひとつひとつがキラキラしている、大切な大切な宝物、というような感じです。
    時間があいたら、ゆっくりと読みすすめていこうと思います。

  • iPad miniでとりあえず、一冊読破。ブラウザをいろいろ試しながら、いまいち落ち着かず、時間がかかってしまった。結局SideBooksでしばらくいきそう。
    どうも最初物語りにうまく入れなかった。たぶんモテモテで女たらしの高校生が主人公では、やはり物語りに入れない。是光が本格的に主人公になってからは段々読みやすくなってきた。葵の誕生日のシーンは、わかっていても、女の子ってあんなシチュエーションにはイチコロなんですね。
    朝ちゃんはもちろん人気出ますね。私としては帆夏のキャラが萌えポイント高かったです。余韻も残ったし、次作以降にも期待したいです。

著者プロフィール

【野村美月(のむら・みづき)】
2001年『赤城山卓球場に歌声は響く』で第3回ファミ通エンタテインメント大賞(現・えんため大賞)小説部門〈最優秀賞〉を受賞しデビュー。2006年より刊行された、「文学少女」シリーズが大人気となる。その他のシリーズに、「ヒカルが地球にいたころ……」「ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件」などがある。

「2016年 『晴追町には、ひまりさんがいる。 恋と花火と図書館王子』 で使われていた紹介文から引用しています。」

"葵" ヒカルが地球にいたころ……(1) (ファミ通文庫)のその他の作品

野村美月の作品

ツイートする