彼女は戦争妖精8 (ファミ通文庫)

著者 : 嬉野秋彦
制作 : フルーツパンチ 
  • エンターブレイン (2011年5月30日発売)
3.33
  • (0)
  • (3)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :45
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (273ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047272842

作品紹介

さわから譲り受けた"妖精の書"とともに、無事帰還した伊織たち。岩手での戦いを経験した伊織は、なるべく常葉を戦闘から遠ざけるよう、自分とクリスだけで、襲いかかる"鞘の主"を返り討ちにしていく。そんな伊織の優しさに、常葉は喜びと不安を感じていた。一方、ついに現れた六人目の"吟遊詩人"シリー・ウォーク。他の"吟遊詩人"たちとの対面を済ませた後、薬子に接近した彼の目的とは!?近づく終局、交錯する心。人気シリーズ第8巻。

彼女は戦争妖精8 (ファミ通文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ああ、先輩が~orz

  • クライマックス近しってことで脱落者が続々と。帯や目次にあるサブタイ等から予想は出来たけど、いざその場面を読むことになると…ねぇ。次で最終みたいだけどうまい着地に導いてくれるよう願ってます。

全2件中 1 - 2件を表示

彼女は戦争妖精8 (ファミ通文庫)のその他の作品

嬉野秋彦の作品

彼女は戦争妖精8 (ファミ通文庫)はこんな本です

ツイートする