ストレニュアス・ライフ (ビームコミックス)

著者 :
  • エンターブレイン
4.06
  • (35)
  • (47)
  • (21)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 332
レビュー : 29
  • Amazon.co.jp ・マンガ (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047273276

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 様々な仕事に関するお話を扱った短編集。
    しかし従来の仕事ではなく、ちょっと捻りを加えられているのが憎い。
    歯医者さんが何故か犬だったりバスを引っ張るのが何故か兎だったり(!?)この漫画に出てくる「仕事」やそれに携わる人々は一風変わったものばかり。
    ナイトクラブや送り狼の話は続きが読みたくなる!機会があれば是非シリーズ化してほしい。
    台詞がない話も何篇かあり、まるでサイレント映画を観ているよう。
    独立した短編が多いが時代や場所を超えてリンクした連作では、垣間見える壮大な世界観や受け継がれる人の想いにニヤリとしてしまう。
    そして幼女が可愛い。とにかく可愛い。

    ちょっと変わった短編集をお探しの方には自信を持ってお勧めできます。

  • strenuous:
    形容詞:<人・知力などが>旺盛な、精力的な、意欲的な、一所懸命に奮闘努力する、<活動・努力などが>激しい、<仕事などが>大変な労力を必要とする、骨折りの

    お仕事にまつわる短編24編。
    「最後の象使い」のお仕事は「想像力」に関する色々を解決するお仕事だし
    鷹匠OLの鷹はコンピュータに向かって飛んでシステムアップデートするし
    図書館司書は迷宮の如き地下閉架書庫で妖異と戦うし
    羊飼いは毛刈り中落下注意。

    あんまりお仕事っぽくないお話もちょくちょくあって、ごった煮感。
    コミックビームっぽい感じが好きな人には大変良い。

    図書館の話みたいな時間幅が長いお話は好きです。

  • うまい……。

  • 年の初めにこれに出会ちゃったもんだから,今年のマンガ・オブ・ザ・イヤーはこれに決まりだねっ!とか思ったんだけどね,この後で『ダンジョン飯』に出会わなければね。いや,でも素晴らしい作品群ですがね?

  • *
    1、和上本竹本友二的《五花八門》可說是完全同類型@@;

    不過這本畫技明顯漂亮許多~(竹本的走搞笑半粗獷路線…啊,就像日和那樣啦XD 要稱「精美」完全打不上邊XD;) 加上使用的元素不少是我喜歡的,所以這本我會比上本還喜歡~。

    2、稿紙中跑出自創人物的設定,這類算是憧憬還是羨慕的設定?看的時候一方面覺得不錯,另方面又有種「啊、被畫走了!」且還是表現得難以超越的那種XD; 微妙的矛盾感XD|||(就像《大振》中,阿部看到武藏野晉級的感覺XD!?)

    不過作家與貓那篇頗為精采!「真羨慕你,整天睡覺就好!」XD


    3、大多結局都是溫馨篇。嗯~。

    人造人那個設定我挺喜歡的~楚門的世界?螳螂捕蟬?
    喔,這篇也是本書少見的悲劇結局XD

    4、圖書館員~讓我想到草川為《人造惡魔的秘笈》~不過打怪的怪物,我較喜歡草川為的設定~忍不住的吃書超可愛的XD

    5、賣攤販的亡國公主。中秋節(是嗎)撈水中的文字~也是同樣「啊、被畫走了!」的那種雖然很喜歡卻有矛盾感的情節XD|||
    另外,超華麗公主的打扮也是~雖然女主角打扮起來很漂亮華貴!但另方面又會想,既然是以「血統」為尊的「亡國公主」,刻意打扮是要給誰看呢?重要的不是尊貴的血統與天生的能力嗎?那麼無論什麼打扮都可以吧。當然,若要解釋為「對亡者們的禮貌」也是可以啦~@@

    6、很多面都是沒有文字,單純用圖像傳達劇情。讓我想到森薰。兩位漫畫家同名哩~KAORU~自然派畫家愛用筆名XD!?

  • ちょっと不思議なショート漫画集。帯には「“お仕事”にまつわるまんが~」とありますが、読み終わってから帯に気づいた程度です。でも面白かった!
    物語の面白さもですし、すっきりしているけど柔らかみがあって好感のもてる絵です。「シーロン公共図書館」3篇、「雲山の送り狼」2篇、「小説家助手」や、セリフ無しの「動力の姫」が好き。

  • さまざまなお仕事をテーマにした、珠玉の短編集!
    しがない小説家のお話「ペイパーバック・ライター」から、夜の山を歩く人間を護る『送り狼』と一人の女の子のお話「雲山の送り狼」まで!
    他にもゼンマイ仕掛けで動く踊り子や、バスの運転手、小説家の助手やマーメイド。
    そんな人々(?)の24の日常(非日常?)を魅力たっぷりに描いた短編集です。

    ストレニュアス(strenuous)とは、
    1 <人・知力などが>旺盛な、精力的な、意欲的な、一所懸命に奮闘努力する;<活
    動・努力などが>激しい
    2 <仕事などが>大変な労力を必要とする、骨折りの
    という意味だそうで、まさにこの「ストレニュアス・ライフ」で描かれるシーンは、私達が居る世界とは別の世界で繰り広げられるけれども、私達が会社でせかせか働いている時と同じようなシーンだったりします。

    物語はすべてとても短く、しかしその雰囲気にはその世界の魅力がたっぷり詰まっている、そんなお話ばかりで、とても楽しいような嬉しいような気分にさせてくれます。
    しかしなかには悲しいお話も。
    ファンタジックだけど、大げさではない。だからこその魅力が、この本の中には凝縮されています。
    とても読みやすく、ちょっと休憩というときにもオススメです。
    ぜひお読み下さい!

  • 短編集

  • 不思議な職業を設定し、そのお話を細かくつめた短編集。

    絵柄と物語がマッチしていて素敵だとは思うが、ややコマに詰めすぎて見辛い。
    お話としても短編なので、もうちょっと知りたいと思うところまで描かれていないのもちょっと残念。
    不思議な設定はいいと思うけど、どこかで聞いたような見たようなことが多いのも仕方ないのかな。
    少しずつ残念な感じがした。

  • フラッシュ作品時代からのファンである丸山さんの短編集。

    シュプルのお話以降、あんまりみかけないのが気になってましたが、
    一冊の本で丸々読めるなんて嬉しい!

    この人のベタの使い方が凄く好きです。
    そもそも、女子は可愛いし男子は格好良いし、ケモは文句なしだし、
    話しも素敵だし、もう何から何まで好きすぎる。

    中華、ファンタジー、近未来と幅広い作品で、
    最後まで飽きさせません。

    ああああ、一冊で終わりなんてもったいない~!
    送り狼(SIDE:Aのほう)とか、長いページ数で読みたいです。

全29件中 1 - 10件を表示

ストレニュアス・ライフ (ビームコミックス)のその他の作品

丸山薫の作品

ストレニュアス・ライフ (ビームコミックス)に関連する談話室の質問

ストレニュアス・ライフ (ビームコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする