薄桜鬼 四 (ビーズログ文庫)

著者 : 矢島さら
制作 : 冨士原 良 
  • エンターブレイン (2011年7月15日発売)
3.82
  • (8)
  • (5)
  • (6)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :79
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047273719

作品紹介・あらすじ

風間千景との攻防で深手を負った土方歳三を献身的に介抱しながら、雪村千鶴は新選組本隊と合流すべく斎藤一や藤堂平助たちの待つ会津へ向かう。そこに、江戸で療養していたはずの沖田総司が近藤勇の訃報を聞きつけ現れた!!一方、江戸では原田左之助がある目的のために不知火匡と共闘する!抗えない運命の波に翻弄され、幾度も繰り返された仲間との別離の中で、土方へのひたむきな想いを貫き通す千鶴。そんな彼女の想いについに土方が…!?強く儚く時代を駆け抜けた隊士たちの幕末奇譚、堂々の完結。

薄桜鬼 四 (ビーズログ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 斃れゆく仲間たちから託された「誠」の信念を胸に、あらゆる艱難辛苦に耐え、戦い続ける土方と千鶴。戦いの果て、二人が迎える結末は……。この上なく美しい幕引きに、ただただ、涙。

  • 新選組とヴァンパイアと風光るを混ぜました的な。ついでにPEACE MAKERの風味も入れました的な。
    今に始まったことではないのだけど、新選組のイメージって固定化されていて、なんだかなあと思う。
    そういう意味では沖田の人物像がちょっと新しかったか。

    とりあえず屯所に女の子がいたら、飢えた狼の中の子羊だし、戦場にいたら女といちゃついてるなとイライラするのではないかと心配になってしまった。

  • 「新選組」のテイストが入った小説としか思えない。
    別に新選組じゃなくても良かったんじゃないかな。

    心に残ったシーンも特にない。
    風間が土方を「薄桜鬼」と名付けた理由は?
    しかも千鶴のどこが良いの?
    千鶴が土方に惚れる理由はいくらでも分かるけれど
    土方が千鶴に惚れた本当の理由は?
    二人の間に愛があったのか、それすら分からない。

  • アニメ観よう・・・。

  • 入荷先:目黒区立中目黒駅前図書館

    第2シーズンの後半、会津戦争から函館までが対象。多くの「新撰組」を取り上げた作品はこの逃避行を悲劇の英雄としての土方歳三を際立たせる傾向にあり、『薄桜鬼』の土方ルートでも基本的なメゾットは変わらない。異なるのは、(概念説明の根拠に欠ける)「誠」や「武士」と国民国家としての日本をこじつけるがごとくの展開であるのに対して『薄桜鬼』では単純に「残された寿命」と位置づけてリミットまでの時間から逆算した展開になっていることに留意する必要があるだろう(これは仕方のないことなのだが)。

    本書を一読して次に読むべき本はなんであるか。評者ならば大貫恵美子の『ねじ曲げられた桜』を挙げる。なぜ風間が『薄桜鬼』と名づけたのか、そしてそれが近代社会以降どのようにねじ曲げられていったのかという神話の形成に関わる問題であると同時に、オーディエンス側にある一種の「甘え」をきちんと総括するためには避けては通れない道だからだ。

  • 結局全巻揃えてしまった…。まさかの救済エンドでした。

全7件中 1 - 7件を表示

薄桜鬼 四 (ビーズログ文庫)のその他の作品

矢島さらの作品

ツイートする