ヒナまつり 1 (ビームコミックス)

著者 :
  • エンターブレイン
4.04
  • (126)
  • (135)
  • (74)
  • (16)
  • (2)
本棚登録 : 1124
レビュー : 98
  • Amazon.co.jp ・マンガ (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047273818

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 主人に薦められるままに読んだだけのハズだったのに気付けばときめいていた。
    新田さん可愛い……。少女に振り回されるオッサンが好きな私の性癖をズンズン抉ってくる。巻数が進むほどにヒナちゃんの超能力者設定を忘れてしまいそうになるけど、もうそれでも良い。この漫画は完結するまで読む。
    最初の頃はあまり興味のなかった瞳ちゃんも今は好き。いいキャラしてる。

  • うむおれの目に狂いはなかった

  • 笑える

  • 何度読んでも笑える最高のギャグ漫画

  • ヤクザが超能力を使う少女と出会う話です。少女(ヒナ)は行く当てもなかったのでヤクザ(新田)の家で暮らすことになります。

    ヒナの独特な性格がぶれなくて面白かったです。
    最後に新しいキャラクターがヒナが入っていた寝袋みたいなのに入って登場していたので次巻も楽しみです。

  • コミック

  • 蜀崎ェュ縲ゅし繧、繧ュ繝?け蟆大・ウ縺ィ繝、繧ッ繧カ縺ョ繧ウ繝。繝?ぅ縲
    螟ァ莠コ縺溘■縺後?縺励c縺?〒縲後く繝」繝舌け繝ゥ?√?阪▲縺ヲ險?縺」縺ヲ繧玖ヲ矩幕縺阪?繝シ繧ク縺ァ縲∽ク?莠コ蜀キ髱吶↑迸ウ縺。繧?s縺ォ辷?ャ代@縺溘?

  • 結構面白かった。が、これ10巻以上あるのはしらなかったのでうーん続刊……

  • ギャグ漫画でした。とても面白かったです。

    エスパーの少女とヤクザの生活が描かれているのですが、
    日常と非日常のバランスが面白かったです。

    特別に面白い要素があるわけじゃなく、淡々と進んでいく出来事の中に
    笑いを混ぜ込んだような雰囲気が良かったと思います。

  • 「笑劇のサイキック。頑張れ負けるな新田さん!」
    ヒナまつりは、ヤクザの新田さんと突如異世界から現れた謎の超能力少女ヒナを中心とするギャグマンガだ。といってもその実態は新田さんによるヒナのお世話日記。ヒナが引き起こす数多のトラブルにもへこたれず、ヤクザとしても出世していく「いい人」新田さんを思わず応援してしまう。新田さんとの共同生活を通しての「非常識人」ヒナの成長にも注目だ。クラスメート、組員、ヒナを捕まえに来た超能力少女たちと周囲を彩る面々も個性派ぞろい。癖の強いキャラクターたちが生み出すテンポの良い笑いは、何回読んでも噴き出さずにはいられない。くれぐれも電車の中では読まれませんよう。(青柳拓真)

全98件中 1 - 10件を表示

大武政夫の作品

ヒナまつり 1 (ビームコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする