乱と灰色の世界 3巻 (ビームコミックス)

著者 :
  • エンターブレイン
4.41
  • (286)
  • (156)
  • (63)
  • (3)
  • (3)
本棚登録 : 1611
レビュー : 91
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047273832

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 登場人物多い!ちょっとごちゃごちゃな感有り。陣が男っぽくて好き!

  • 陣が発情期。凰太郎は万年発情期でイケメンは皆スタイリッシュ発情期。そして何をしようがイケメン無罪。がんばれ日比!負けるな日比!!先生の秘密も出てきてストーリーが展開するのは次の巻から?

  • 珊瑚ちゃんと陣!^^!乱はどうなるのか…凰太郎も好きになれたけど、やっぱり日比がんばれ!!たま緒さんがかっこよすぎる…!

  • 私のハートを鷲掴みにした漫画。
    久しぶりにこんなに熱中して読んだなあ・・・。
    色々推察したり、考えさせられたりと意識に訴える漫画や本は沢山あるけど、純粋に「漫画」として、ワクワクとした気持ちを持たせてくれるものはあまり無い気がします。

    頭が疲れた時に読んでリフレッシュ!

  • ん、んんーー??二巻までに描きたいストーリーを描き切ったのか、二巻までの世界観を利用した普通のお色気漫画になってない??おかんもサッと帰ってきたし。期待してただけに…なんだかモヤモヤしたわ~。結局鳳太郎いやらしいだけの普通にいい奴~みたいな、乱とくっついてもいいような展開になってきたし。日々の存在よ。いや、でも絵は好きだなあ。しかしなあ一巻から二巻にかけてのみんなの距離感が一番ちょうど良かったやも

  • どこもかしこもハイスピード。
    展開ではなく関係が。日比もっとがんばって…!

    しかしこれ面白いんだけど1巻からずっと続く何だかモヤモヤした気持ちになるのは何なんだろう?タイトルからしてそれが狙いなのか。画面も確かに灰色っぽいしなあ。
    案外簡単に帰ってきてしまったお母さん。悪人と言われつつも乱にはばれず、乱に対して以外は特に改心もしてない凰太郎。特に進展しない魔法の修行。友だちにはなったけど、乱の家出先には選ばれない日比。獣の性に流されていると言いつつ陣に流される珊瑚。まさかあのまま普通にくっつくことになるとは思わなかったよ…

    完全に好みの問題かもしれないけど、特に何も考えずにその場のノリで物語が進行している気がしてならない。物語が重くないというか、もしかしたら本当に魔法のあれやこれやが書きたいだけでストーリーは二の次なのかも。確かに絵はべらぼうにうまいよなあ…ここへ来て昔の少女漫画風な絵柄がより顕著になっている気もするけれど。ほんとうに好きな絵柄なのに好きなストーリーとの乖離が大きい。

    つくづくこの漫画の良心が日比ひとりだけな気がしてきた。書き忘れたのか?って思うくらい表紙にまったく出てこないけどwやっぱりがんばれ日比!

  • 前巻の"魔法界側の事件"後の漆間家の日常を描く第三巻。大きな事件があれど、その「事件」の影響を受けて描きたいものはやはり恋愛模様を含めた「日常」なのかと思える凰太郎の位置づけがとても楽しい。事件だけでなく仁と珊瑚の関係や、日比の行動が更に乱と凰太郎の関係に影響を与えていく様子はもっと色々な話が読みたいと思わされる。

    仁と珊瑚の二人の描き方は実に心に刺さった。硬派なイメージのあった仁の野生的な部分や、珊瑚の献身的な様子が噛み合っていくさまが魔法を絡めながら印象的に描かれるのがとても魅力的だった。

    番外的な話も度々あるが、そこが本筋に絡んでくるのかどうか気になる所。

  • 夢の中にまで助けに来てくれるっていいなあ。
    うん、女神だな。惚れるのも分かる。

    ただ、時と場所がいきなりパッと変わると困惑する。

  • 2014.04.28

  • 絵が、漫画の見せ方が上手いと思う。読んでいて楽しいが、読み終わった後も印象が残るか?と聞かれれば微妙。

全91件中 1 - 10件を表示

乱と灰色の世界 3巻 (ビームコミックス)のその他の作品

入江亜季の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヤマシタ トモコ
ヤマシタ トモコ
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

乱と灰色の世界 3巻 (ビームコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする