暗殺姫のアドレッセンス -狙いは黒の俺サマ王子- (ビーズログ文庫)

著者 : 神奈木智
制作 : 硝音 あや 
  • エンターブレイン (2011年8月11日発売)
3.40
  • (0)
  • (5)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • 29人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047274372

作品紹介

初めての標的は、"黒"の王子・キリアン。レティシアは、まだ血に染まったことのない短剣を携え、城に忍び込み王子を狙う!ところが彼には、魔剣を操る強大な"魔力"が備わっていた!!-「これで終わりではないだろう?」愉しそうに微笑を浮かべたキリアンが、彼女に止めを刺そうとした瞬間!その手を阻んだのは、レティシアを切り裂くべき魔剣だった!?青年の姿となった魔剣は「姫君を殺しちゃダメなんです!」と、突然何を言い出すの!?暗殺相手"黒"の王子と"暗殺姫"、宿命の輪が動き出す。

暗殺姫のアドレッセンス -狙いは黒の俺サマ王子- (ビーズログ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 暗殺しようとした相手のところに気に入られメイドっぽいことをする・・・というような内容で、暗殺姫っていうほどの経験値がない女の子が主人公なのがちょっと腑に落ちないところもありましたが、まぁまぁ楽しめました。

  • 絵が好みだったのと、黒髪でオレ様王子様っていう設定に惹かれて購入。
    殺しにいった王子様に返り討ちにされたけど、段々お互いに惹かれていっているのが、にんまりしちゃいます。

    レティシアは忌み子として嫌われる王子の境遇に同情したというところから始まったのかもしれないですけど、キリアンの方は完全にレティシアのことを好きですねー。ちょいちょいヤキモチやいてますし。自分の魔力が消えるのと、レティシアへキスしたいっていう状況にいつまで耐えられるのか楽しみです。

    レオンやクラリッサ、ジュールと周りのキャラも魅力的。特にクラリッサはいい子ですねー。自分の許嫁の同伴者を着飾らせるなんて、なかなかできないところです。レオンもキリアンとレティシアの取り合いになるのかと思ったら、意外と父の気持ちになってそうで、次巻彼の存在にキリアンがもやもやしそうなところも楽しみです。

  • イラストが好きなイラストレーターさんで、尚且つ作者さんも他の作品を読んだことがあったので、目をつけてたけど、なかなか良かった!

    自分の気持ちに素直になるか、それとも魔力のために諦めるか。
    キリアンが下す決断はどちらなのか、次巻以降に期待します。

全3件中 1 - 3件を表示

暗殺姫のアドレッセンス -狙いは黒の俺サマ王子- (ビーズログ文庫)のその他の作品

神奈木智の作品

暗殺姫のアドレッセンス -狙いは黒の俺サマ王子- (ビーズログ文庫)はこんな本です

ツイートする