ギャルゲヱの世界よ、ようこそ! disc8 (ファミ通文庫)

著者 : 田尾典丈
制作 : 有河 サトル 
  • エンターブレイン (2011年8月29日発売)
4.08
  • (5)
  • (4)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :49
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047274655

作品紹介

「一緒の世界で、共に歩もう」ヒロイン達とお互いに気持ちを確かめ合った、俺こと都筑武紀。本来の世界と『例外レイヤー』を統合し『現実補正』を使って二つの世界にいる人々の記憶を融合…トゥルーエンドへの道筋は見えている。しかし、そこに至るにはこの世界に存在しないあるアイテムが必須…。どうする俺!無いものは作るしかないのか?俺が、あの『エターナルイノセンス』を!選択肢無限の真世界を奔走する青春ADVノベル、遂に完結。

ギャルゲヱの世界よ、ようこそ! disc8 (ファミ通文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ひとまず終わりなお話。
    今までの問題も全て解決して無事ハーレムエンドといったところ。
    ただ少し終わりがあっさりとしているように感じた。今までの巻で盛り上がっていたこともあって、全ての後始末をしていたよう。
    伊藤ゆうき本来の姿についても明かされたが若干とってつけた感がした。
    本当の最終巻は次なので仕方ないといえば仕方ない。

  • ハーレムエンド。高橋さん意地をみせてがんばる。最終巻までシステムまわりの設定をかなりがんばってたけど、意外とCPUが少ないらしい。

  • 結局、武紀がハーレムを作っただけじゃんw愛ちゃんも恵奈も武紀ラブになっちゃた。熱い理想は語るけど、現実的な問題は一個も解決していない。武紀消滅エンドの方がすっきりするかと思ったが、それも釈然としない。8巻続くシリーズの最後としては予定調和的。
    ゆうきの男の娘設定がとってつけた感じがする。もっとページ数を割いて、一冊くらいかけてもいい内容だと思う。
    愛ちゃんがデレた7巻が真骨頂だったか……あと1巻楽しみにしてます。

  • 隙なくそつなく今までの伏線をまとめた感じで、スッキリした終わりだった。武紀はちゃんとみんな幸せにしてあげろよな!

  • ギャルゲヱの世界、堂々の完結です。
    とは言え、本編連動の外伝は完結していませんし、あとがきにて『Extradisc』の刊行を示唆されていますから、あと少しギャルゲヱの世界を楽しめそうです。

    どーでもいいことかもしれませんが、今回の夏海は妙に幼い気がするんですね・・・

全5件中 1 - 5件を表示

ギャルゲヱの世界よ、ようこそ! disc8 (ファミ通文庫)のその他の作品

田尾典丈の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ギャルゲヱの世界よ、ようこそ! disc8 (ファミ通文庫)はこんな本です

ツイートする