わたしと男子と思春期妄想の彼女たち 3 ラブメイドですが何か? (ファミ通文庫)

著者 : やのゆい
制作 : みやびあきの 
  • エンターブレイン (2011年8月29日発売)
3.80
  • (3)
  • (6)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 51人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (308ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047274686

作品紹介

命がけで仁島さんと沢田の騒動にケリをつけたにもかかわらず、高柳君の妄想少女のせいで憂鬱な春休みを過ごすあすみ。そんなところに、ユニコーンホテルに泊まったカップルの片割れ、仲居加奈がやってきた。大人の階段を上っちまったと思しきリア充は、こともあろうかあすみに「綺麗になりたい!」と協力を求めてきた!けっ、利沙にでも頼るがいいと猛るあすみだが、リサに乗せられ高柳君をふり向かせるためやるしかない!?迸る超リア中ラブコメ第3巻。

わたしと男子と思春期妄想の彼女たち 3 ラブメイドですが何か? (ファミ通文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 気づけばあすみが恋のキューピッドを務めるシリーズだったんだな、これ。1巻の内容あまり覚えてないが、なんか違ったよね?
    今回はメイド命の川上と仲居さんを結びつけようと奮闘する。

    高柳君に突如登場した妄想少女の謎と話は平行して進んでいく。二人と結ぼうと頑張れば高柳君も見てくれるはずと頑張るあすみだが・・・

    てか、今回も命がけイベントになってるんだが、リア充目指すのにここまでするか?wwwキャラの心情も相変わらずドロドロだし、文学少女以上にないわー。

    高柳君の妄想少女については解決せず、次巻持ち越しに。妄想少女の正体は一体・・・?

    てか、あすみの妄想が凄まじすぎる。某変態王子がマシに見えるもん、うん。

  • おもしろかったけどそろそろ飽きてきたかも。
    二、三冊でまとめると+★だったかも。
    まだまだ続きそうだなあ、ちょっといや。

  • メイド教育! しかしその後一転マルキデビュー。あすみの中学生っぽい感じが今回も面白い。高柳君の妄想少女が気になるので次巻にも期待。

  • おもしろかったけど、中学生にしては極端だったり違和感があったりする部分が今まで以上に多かった気がする

全4件中 1 - 4件を表示

わたしと男子と思春期妄想の彼女たち 3 ラブメイドですが何か? (ファミ通文庫)のその他の作品

やのゆいの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

わたしと男子と思春期妄想の彼女たち 3 ラブメイドですが何か? (ファミ通文庫)はこんな本です

ツイートする