“夕顔” ヒカルが地球にいたころ……(2) (ファミ通文庫)

著者 :
制作 : 竹岡 美穂 
  • エンターブレイン
4.16
  • (70)
  • (83)
  • (35)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 546
レビュー : 57
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047274693

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あまり巻数は重ねない感じなのかなと思いつつ。

    今回はタイトル通り夕顔で。

    ヒカルの死に対する謎は深まるばかり。

    是光は''文学少女''にはいなかったタイプで、いっそ清々しくて好感がもてます。

    まぁ今後の展開から行くと女難の相がちらほら。

    ミステリ的な要素はあるものの、うーん。前回は他の文学作品のミスリードもあったけれど今回はそれができないですし。

    というわけでミステリ度は低め。

    今後ヒカルの思い人は誰だったのか等になるんでしょうね。

    まあ原作通りに行けば藤壺だけど。

    次は若紫のようなのでわかってきますかね。

  • 儚げな雰囲気を持つ引きこもり少女、夕雨が今回の中心。期待を裏切らない面白さでした。前巻の是光の立場はあくまでもヒカルの代弁者でしたが、今回は是光の意志が大いに影響します。自分の初恋よりも、夕雨の世界を広げ、背中を後押しすることを選んだ是光、かっこいいわ! そして今回の功労者の帆夏ちゃんが可愛い!……のだけれど、この先不憫な結末を迎える雰囲気が更に濃厚になっちゃって…。帆夏ちゃんの幸せを何より願ってます。それと葵ちゃんと頭条俊吾の掌編も楽しかったです。更に張られた伏線の行方を楽しみにしています。

全57件中 51 - 57件を表示

著者プロフィール

【野村美月(のむら・みづき)】
2001年『赤城山卓球場に歌声は響く』で第3回ファミ通エンタテインメント大賞(現・えんため大賞)小説部門〈最優秀賞〉を受賞しデビュー。2006年より刊行された、「文学少女」シリーズが大人気となる。その他のシリーズに、「ヒカルが地球にいたころ……」「ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件」などがある。

「2016年 『晴追町には、ひまりさんがいる。 恋と花火と図書館王子』 で使われていた紹介文から引用しています。」

“夕顔” ヒカルが地球にいたころ……(2) (ファミ通文庫)のその他の作品

野村美月の作品

ツイートする