テルマエ・ロマエ IV (ビームコミックス)

  • エンターブレイン (2011年12月22日発売)
3.81
  • (281)
  • (535)
  • (435)
  • (42)
  • (5)
本棚登録 : 3971
レビュー : 384
  • Amazon.co.jp ・マンガ (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047275157

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 皇帝にヘビーな依頼をされてしまった矢先、ワープしてしまったルシウス。
    慌てて戻ろうとするものの、何故か帰る事が出来ない!?
    落ち込むルシウスだったが、そんな彼の前に素敵な女性が現れて…。

    大事な話の途中で相変わらずワープしちゃったルシウスが運命の出会い!?
    しかしこのさつきちゃん、驚くほどのハイスペックだった。
    小学生から古代ローマに興味示してそのまままっしぐらって…。どんだけハマったんだ。
    でもおかげで初めて意思の疎通ができる相手ができて、ルシウスよかったね。
    このまま恋愛方面に進むなら悲恋のフラグですかね?
    とりあえず帰ろうとしてありとあらゆる水回りに入り込んだルシウスが変態扱い全開で笑った。

  • 伊藤温泉の大天才。
    才色兼備にして古代ローマオタクのさつきちゃん登場。

    「こんなに美しい平たい顔族に会ったのは初めてだ…」
    平たい顔族がつくと、何言われても
    褒められた感じがしない[笑]

    いつものごとくローマに帰れずとまどうルシウス。
    温泉旅館でカタコトの日本語を使ってるのがかわいい!
    馬にも惚れられ、恋心もほんのり♡

  • さつきさんの登場で、話が更に面白くなってきた。。

  •  4巻目にして主人公・ルシウスがローマに帰れず日本で暮らすことになる、と物語が大きく舵を切ることになり、ヒロイン「さつき」も登場。古代ローマを激しく愛しラテン語も操る歴史学者にして温泉芸者という二つの顔を持つ美しい女性…どんだけ都合のいい属性テンコ盛りにするの!?と思わずツッコんでしまいましたが、それ以上に風呂以外の文化や生活に衝撃を受けるルシウスが可笑しく、雑巾がけにムキになる様子はまるで子供(笑)

  • 古代ローマの浴場技術士が、現代日本に飛ばされて着想を得て帰っていく話。

    最初は面白かったのだが、着想自体がかなり出落ちの要素が強く、何度も繰り返すとどうしても飽きる。
    その飽きを克服するだけの発展はしていない印象。
    面白く無い訳でもないのだけれどね。

  • 今回は長編。長期滞在する羽目になったルシウスの前に、ついにラテン語の話せる平たい顔族さつきちゃんが登場。「誰が好きなの?」「あたしカエサル♡」かなりのツワモノです。TVが映るのはユピテル神が雷の力を放出しているくだりで噴きました。今後は恋に発展していくのでしょうか?大穴で最後に登場した彼女?との三角関係も?(笑)

  • どうしてこんな話を??って感じがするのだけど、著者のヤマザキさんなりのこだわりが分かるので感心してしまう。
    今回も一冊丸ごと笑ってしまいました。
    真面目だから面白い。

  • ついに4刊。どーなるのかと思ってたら今度は長期滞在(笑)美人さんとの今後が気になる。

  • これまでとテイスト変わった?長編。続きが気になる!!

  • 何という事だ!堂々とレジに持っていける!!
    いつもコソコソと他の本に挟んでいた恥ずかしい日々は一体…。

    今回は初の長編。そして初のヒロイン(?)登場。
    ルシウスも凄いが、さつきちゃんもなかなかのツワモノだと思う。
    「誰が好き?」「カエサル!」どんな小学生だよ(笑)
    さつきちゃんみたいな小学生とお友達になりたいです。。。

    日本に長期滞在するはめになったルシウスは
    今度はどんな事を吸収して帰っていくんだろう。続きが楽しみです。

全384件中 1 - 10件を表示

テルマエ・ロマエ IV (ビームコミックス)のその他の作品

ヤマザキ・マリの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

テルマエ・ロマエ IV (ビームコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする