シュヴァルツェスマーケン 2 無垢なる願いの果てに (ファミ通文庫)

制作 : CARNELIAN 
  • エンターブレイン (2011年9月30日発売)
4.13
  • (11)
  • (12)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :99
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・本 (382ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047275287

作品紹介

カティアは、かつて英雄と呼ばれながらも歴史上から抹消された東ドイツの将軍の娘だった。その秘密を知ったテオドールは国家保安省による追求に恐怖するも、自分に信頼を寄せるカティアの保護を決意する。だが、部隊の隊員すら信用せずにふたりだけが生き残ることを優先するテオドールにカティアは反発し、それが発端となって事態は思わぬ展開に…。大人気PCゲーム『マブラヴオルタネイティヴ』の物語より18年前。欧州大戦を描く物語、第2弾。

シュヴァルツェスマーケン 2 無垢なる願いの果てに (ファミ通文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シュヴァルツェスマーケン第2巻読ませて頂きました。

    理想家だったカティアが現実を知り、それでも絶望せずこれから成すべきことを成すわけですね。
    そしてテオドールもソウルジェムが濁りきった状態から浄化され、ようやく主人公らしくなってきました。

    そしてとうとうアイリスディーナさんの招待が分かってしまいましたね。
    かくいう私もこんな良いおっぱい・・・もとへ、妹属性の金髪美少女が悪い娘なわけがないと信じておりましたよ。しかし実に良いおっぱい
    ……ふぇ、フェイトさん!?いやこれはその、ちがっ、ああああ(強烈な電撃により回路切断

  • 登場人物たちの立ち位置も定まり、孤独な闘いを強いられるかと思われたテオドールたちにも心強い後ろ盾が。
    カティアもまた、過酷な戦場で自身のできることを見つめなおし成長してゆく。
    話の大筋も見えてきて、今後の展開も楽しみ。

  • もうアレだよな.
    こいつらはBETAと戦争しているのか人間同士で戦争しているのかわけがわからんなぁ.
    「人類共通の敵が出来たら人間同士の戦争は無くなる」って話もあるけど
    むしろ常に対人間と対BETAとの2面作戦を展開しなければならないとか
    絶体絶命感が増してるよね.
    勝てるかどうかも判らない宇宙生物との戦争をしながらも
    その戦争が終わった後に世界の覇権をどうやって奪うかを考えるとか
    まさに捕らぬ狸の皮算用な感じがアレ.

  • おもろかった。
    主要人物のおおまかな立ち位置が決まったところで、次は
    どんな陰謀があるんか楽しみやね。

  • 1巻より話は進んだし、何が隠れてるのかってのも見えてきたし、戦闘ってのはそんなもんじゃねえんだよ的な現実突きつけもあったし、なんだかんだで主人公が決意を固めるという展開はよかったが、先がそんなに気にならない

  • 2巻でついに物語の核心に迫り話が動く.
    主要メンバーの立ち位置が決まり,少しずつ秘密が明らかにされていく.

    最後にはかなりピンチな状況になった感じで終わり次巻が気になる.
    一番話が重厚な気がしてマブラヴシリーズの中で最も好きな作品

  • 後半特にアツくてたまらなかった.やっぱBETAに囲まれた戦闘とかいいわー

  • これで序盤は終了か。
    カティア、テオドール、アイリスディーナの関係がやっとクリアになった。
    しかし、水面下で物事は悪化しておりどのような結末を迎えるのか正直予想できない。
    その事が面白さの一つであると思う。

全9件中 1 - 9件を表示

シュヴァルツェスマーケン 2 無垢なる願いの果てに (ファミ通文庫)のその他の作品

吉宗鋼紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

シュヴァルツェスマーケン 2 無垢なる願いの果てに (ファミ通文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする