咎狗の血 9 (B's-LOG COMICS)

  • エンターブレイン
4.19
  • (16)
  • (12)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 173
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (151ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047275607

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • グンジ…!
    処刑人の関係性がすごくいい

  • ゲーム未プレイ、1~9巻一気読み。
    まさかまだ完結していなかったなんて…。
    いや、ちゃんと調べずに手を出した自分が悪いんですけど。

    人様のレビューを読むとなかなかの高評価ですが、大体のストーリーしか知らない自分は、話についていくのがやっとです。
    あとがきに至ってはまったく理解できず、笑えません(泣

    9巻まで読んだ結果、これはケイスケと幸せになるルートなのか?と思いましたが、プレイ済みの方のレビューを読むとどうやらナノルートらしい?
    そしてアキラは、シキが王とわかってなぜためらうの?
    まさか既に情が移った?もしくは、とても敵わないと思ってびびってる?

    謎という面では着々と解明されつつありますが、キャラの心情は、今ひとつよくわからないです。
    元々何を考えているのかよくわからないキャラだらけのゲームだとは思うのですが。

    漫画だけ読んですませようという甘い考えは簡単に打ち砕かれました。
    クリア後に読むほうが、きっと断然面白いと思われます。

  • どうせナノルートでしょ!これからナノルートへ進むんでしょ!!
    わかってんだよ、ちくしょうー!!
    ケイスケ、ケイスケ、とにかくケイスケですよ。
    切ないよなーこの子。咎狗では誰よりもケイスケに感情移入しちゃう。
    ラストはケイスケルートでお願いしますよ、ひとつ。

  • 良すぎる…!!
    いつもながら、ニトキラファンに大満足の一冊!
    茶屋町さんのアキラってなんでこんなに可愛いのでしょうか
    9巻にして、色々な真相が明らかになってきました
    そろそろクライマックスですね
    この後どうオチをつけてくれるのか、「心配」ではなく「期待」させてくれる所が茶屋町さんの咎狗ですね!

  • 茶屋町オリジナルも含め、源泉のエピとケイアキGEラインのエピが上手く絡められて進行していく。感情が欠落していたアキラが心を動かし始めたので何度もウルウルしながら読んだ。ゲームより胸に響くものが深いと感じるのは茶屋町さんの表現と話の展開の上手さと共にBLではないという部分にあるのかもしれない。BLじゃないので純粋に男たちの心の繋がりを読み取れるから。少年漫画の雰囲気をも感じさせる。ゲームではシキアキの他にジジヒヨも萌えだったので、この二人の過去エピは嬉しかったと同時に今のキリヲの心境を思って切なかった。

  • 待ちに待った咎狗コミカライズ最新刊!
    ついに源泉が表紙にきました。
    内容はゲームの終盤に差し掛かってきたところです。
    個別のルートに入って原作どおりに進むのではなく、茶屋町さんオリジナルのエンディングを迎える事になるのかな?という感じです。
    かなりがつんとケイスケがクローズアップされているので、シキ、リン、ナノ好きには少し物足りなさを感じる一冊かもしれません。
    巻頭カラーのケイスケの笑顔には胸が苦しくなりましたね…。
    巻末のおまけ漫画が相変わらずのかわいさでおもしろかったです。咎狗は終始緊張しっぱなしの物語なので最後にこのおまけを見ると毎度ホッとします。
    続刊も楽しみです。

全6件中 1 - 6件を表示

茶屋町勝呂の作品

ツイートする