モンスターハンター 蒼天の証2 (ファミ通文庫)

著者 : 柄本和昭
制作 : 凱 
  • エンターブレイン (2011年10月29日発売)
4.33
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :26
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047275874

作品紹介

アオアシラを討伐し、ユクモ村を守る決意を新たにしたトゥーク。そんな彼の前に-「貴方をわたくしの師匠にしてさしあげますわ」なぜか上から目線の弓使い、ククルナが現れた。思いつめた表情で、ラングロガールズというチームから一方的に除名されたと語るククルナ。腕を磨きたいと訴えるその様子に胸を打たれたトゥークは弟子として迎え入れるのだが、狩猟中の彼女の行動には明らかな違和感があって…。超絶ゲームのノベライズ、待望の第2巻。

モンスターハンター 蒼天の証2 (ファミ通文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  二巻は三種のモンスターを狩る盛り沢山な内容となっている。
     前作に続き、どことなく違和感を覚えながら読んでいたのだけど、その理由を考えたとき、主人公をどういった立場で捉えるかにズレがあるのだと気づく。
     というのも、彼は二人目の弟子を持つハンターであり、平たく言えば勤続年数そこそこの社会人であり、責任ある立場のはずである。
     にもかかわらず、自分で手一杯で弟子の面倒を見切れておらず、また下準備もろくにできない状態で狩りに出向く展開が続いている。
     そりゃまずかろうよ、とそう感じる次第だ。彼を未熟な若者と見るか、村に対して(また弟子に対して)責任を持つべき社会人として見るかで、だいぶ文脈が変わる。
     ラングロガールズが終盤、教官じみた振る舞いをしていたことも、物語的展開としては悪くないが、命のやりとりをする場で、しかも妹分が采配する狩りで内緒にすることが解せない。ここにも、読者である自分が見ている文脈とのズレがあるのだろう。

     その辺も加味して、物語的には星三つ半から星四つ程度と判断した。これからに期待を込めて、星四つとしたい。

  • ある日突然トゥークの元へ弟子入りを志願してきた弓使いのククルナ。
    今回は彼女が弟子の物語です。
    一巻ごとに弟子が変わるんですね。
    前回は素直で一生懸命なティカルが弟子でしたが、今回はツンデレ系のククルナが弟子で、トゥークは大分苦労します。
    戦うステージも水没林と砂原へ。
    新しいオトモアイルーも登場します。

全2件中 1 - 2件を表示

モンスターハンター 蒼天の証2 (ファミ通文庫)のその他の作品

柄本和昭の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

モンスターハンター 蒼天の証2 (ファミ通文庫)はこんな本です

ツイートする