恋煩いフリークス (ビームコミックス)

著者 :
  • エンターブレイン
3.94
  • (32)
  • (31)
  • (34)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 350
レビュー : 30
  • Amazon.co.jp ・マンガ (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047276314

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • こんなにファンタジー入りの設定の漫画をすんなり楽しく読めたのは久しぶり。映画サークルの先輩・月子と同居することになった大山は、あることで月子を激怒させてしまう。その時、月子の「チカラ」で大山たちの暮らす守譜町の人々は、自らの願望を具現化した姿になるようになってしまった。ねこになったおばあちゃん、人魚になった女子高生、狼男になった大山、そして月子は……。

    「欲望を具現化した姿」という設定と、自己主張の強いめんどい強欲な女である月子がこんなにマッチするとは。フィクションの中のツンデレは、隠しているデレが読者や視聴者にはわかるから可愛いのであって、その隠している部分が否が応でも表に出るこの設定は相性がいい。そんな月子に真っ直ぐな大山や、二人の間に入る寺山、思い悩む月子と裏腹に現象を楽しむ町民、そして自分だけが現象を受け入れられないという月子の苦悩が、この恋物語を安っぽくさせずにいる。難解ではなく、しかし決して浅くはない、絶妙なさじ加減で描かれた漫画。

  • 虚淵玄が絶賛しているというキャッチに釣られて購入。

    雨隠ギドという人はきっと物凄いストーリーテラーの才能に恵まれているのだと思う。

    絵もとても綺麗ですが、次々繰り出されるストーリーの展開と、ちょっとした端役にまで行き届いている心理描写に引き込まれた。

    他の作品も読んで見たいと素直に思える作家に会えてとても幸せな気分。

  • ギド先生の描く幼女に弱いわたし(笑)
    9歳12歳つきこさんはたまらなくかわいいです。

    本編の方よりも合間合間にある守譜町の人びとのエピソードが好き。
    あの三角関係はどう収束したのか気になるなぁ。

    表紙本体のデザインもかわいいんですよ~(ビームコミックスだしね)カバー外してみるべし。

  • 幼女の時の月子さんが可愛い、とにかく可愛い、雨隠ギド先生のキャラは表情豊かだなととにかく感じます。

  • とっつきにくいけど面白い。結果ギドさんが好き。

  • ヒロイン可愛い! でもめんどくさい!
    主人公馬鹿正直! って言うか馬鹿!
    それでも互いを想い合ってて、最後には想いが報われる。
    表現方法はちょっと変わってるけど、王道ラブストーリーでした。
    でも、めんどくさい女の子を売りにするにはいまいちパンチ効いてない感じはした。
    もっとアレな感じでも全然ウェルカムです!

  • 可愛くて楽しくて、あと少し切ない話だった。
    初ギドさん。えぇ、BL買ったつもりが間違いましたよw

    不思議な力を持つ月子によって町の人が
    色んな動物や架空の生き物に変身しちゃってて
    なんだか楽しい世界でした。

  • 読み切り

  • 不思議なファンタジーでした。ファンタジー要素を巧く使ったこころの描写。面白かったです。なぜその姿になったのか。
    最後子供だったんですね!かわいい。月子さんも素直にかわいくなってて良かったね。
    合間の1ページ漫画で描かれた町の人達の話も面白かったです。たった1ページで話を描いてしまうのは凄いですね!むしろそっちの漫画に感心しました。

  • [漫画] 恋煩いフリークス
    http://orecen.com/manga/lovesicknessfreaks/

全30件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

2007年に「Wings」(新書館)でデビュー。
代表作に『ファンタズム』『まぼろしにふれてよ』(新書館)、『恋煩いフリークス』(エンターブレイン)など。
2013年2月より、「good!アフタヌーン」で『甘々と稲妻』を連載開始。

「2018年 『甘々と稲妻(11)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

雨隠ギドの作品

恋煩いフリークス (ビームコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする